HOME 全サイト地図 3人の年表 3人の著作年表 全体目次


   イツ観念論関係の誤訳について(12_4) v. 2.8.2.8.

ヘーゲル『精神現象学 序論 [Vorrede]』(その 4)


はじめに (v. 1.0.)
凡 例 (v. 1.1.)


目 次   

  ・全般的な注意点 (1) Wesen: 「実在」か「本質」か (v. 1.2.)
  ・全般的な注意点 (2) Reflexion: 「反省」か「反射(帰還)」か (v. 1.3.)
  ・全般的な注意点 (3) räsonieren (Räsonnement) の意味 (v. 1.0.)
  ・全般的な注意点 (4) Konversation: 「会話」か「(著者による読者への)誌上での説明」か (v. 1.7.)
  ・全般的な注意点 (5) Forderung (fordern): 「要求」か「欲求」か (v. 1.1.)
  ・全般的な注意点 (6) nur erst: nur は「制限」を表すのか「今」の意味か (v. 1.0.)
  ・全般的な注意点 (7) sollen の意味 (v. 1.0.)
  
・全般的な注意点 (8) 絶対的最上級 (v. 1.0.)
  ・全般的な注意点 (9) selbst は「それ自身」か、「~でさえ」か (v. 1.1.)
  ・全般的な注意点 (10) besonder は「特殊的」か、「個別的」か (v. 1.0.)

  ・89 ページ、上 1 - 4 行: M. 9./ S. 11.  (v. 1.0.)
  ・89 ページ、上 9 - 12 行: M. 9./ S. 11.  (v. 1.0.)
  ・89 ページ、下 2 - 8 行: M. 9./ S. 11.  (v. 1.0.)
  ・89 ページ、下 8 行 - 90 ページ、上 2 行: M. 9./ S. 11f.  (v. 1.5.)

  ・90 ページ、上 6 - 7 行: M. 10./ S. 12.  (v. 1.1.)
  ・90 ページ、上 10 - 13 行: M. 10./ S. 12.  (v. 1.1.)
  ・90 ページ、上 17 - 18 行: M. 10./ S. 12.  (v. 1.0.)
  ・90 ページ、下 10 - 14 行: M. 10./ S. 12.  (v. 1.4.)
  ・90 ページ、下 15 - 16 行: M. 10./ S. 12f.  (v. 1.2.)
  ・91 ページ、上 9 行: M. 10./ S. 13.  (v. 1.0.)
  ・91 ページ、下 3 - 5 行: M. 11./ S. 13.  (v. 1.0.)
  ・92 ページ、上 3 - 4 行: M. 11./ S. 13.  (v. 1.1.)
  ・92 ページ、上 6 - 7 行: M. 11./ S. 13.  (v. 1.0.)
  ・92 ページ、上 8 - 10 行: M. 11./ S. 13.  (v. 1.6.)
  ・92 ページ、上 16 - 17 行: M. 11./ S. 13f.  (v. 1.0.)
  ・92 ページ、上 21 - 下 2 行: M. 11./ S. 14.  (v. 1.2.)
  ・92 ページ、下 4 - 8 行: M. 11./ S. 14.  (v. 1.0.)
  ・92 ページ、下 16 - 18 行: M. 11./ S. 14.  (v. 1.1.)
  ・93 ページ、上 17 - 18 行: M. 12./ S. 15.  (v. 1.0.)
  ・93 ページ、上 21 - 下 1 行: M. 12./ S. 15.  (v. 1.1.)
  ・93 ページ、下 1 - 5 行: M. 12./ S. 15.  (v. 1.4.)
  ・93 ページ、下 6 行: M. 12./ S. 15.  (v. 1.0.)
  ・94 ページ、上 3 - 8 行: M. 12./ S. 15.  (v. 1.4.)
  ・94 ページ、上 8 - 9 行: M. 12./ S. 15.  (v. 1.0.)
  ・94 ページ、上 19 - 下 5 行: M. 12f./ S. 16.  (v. 1.0.)
  ・94 ページ、下 4 - 5 行: M. 13./ S. 16.  (v. 1.1.)
  ・94 ページ、下 5 - 7 行: M. 13./ S. 16.  (v. 1.1.)
  ・94 ページ、下 7 - 10 行: M. 13./ S. 16.  (v. 1.0.)
  ・94 ページ、下 13 - 14 行: M. 13./ S. 16.  (v. 1.1.)
  ・94 ページ、下 14 - 16 行: M. 13./ S. 16.  (v. 1.1.)
  ・95 ページ、上 4 - 7 行: M. 13./ S. 16f.  (v. 1.2.)
  ・95 ページ、上 13 - 15 行: M. 13./ S. 17.  (v. 1.0.)
  ・95 ページ、上 20 行 - 下 3 行: M. 13./ S. 17.  (v. 1.1.)
  ・95 ページ、下 3 - 5 行: M. 13f./ S. 17.  (v. 1.0.)
  ・95 ページ、下 5 - 6 行: M. 14./ S. 17.  (v. 1.1.)
  ・95 ページ、下 11 - 12 行: M. 14./ S. 17.  (v. 1.0.)
  ・96 ページ、上 5 - 7 行: M. 14./ S. 17f.  (v. 1.0.)
  ・96 ページ、上 12 - 14 行: M. 14./ S. 18.  (v. 1.1.)
  ・96 ページ、上 20 行 - 下 3 行: M. 14./ S. 18.  (v. 1.0.)
  ・96 ページ、下 8 - 11 行: M. 14./ S. 18.  (v. 1.0.)
  ・96 ページ、下 16 - 19 行: M. 14./ S. 18.  (v. 1.0.)
  ・97 ページ、下 16 - 17 行: M. 15./ S. 19.  (v. 1.0.)
  ・98 ページ、上 5 - 7 行: M. 15./ S. 20.  (v. 1.1.)
  ・98 ページ、上 20 行: M. 16./ S. 20.  (v. 1.0.)
  ・98 ページ、下 6 - 9 行: M. 16./ S. 20.  (v. 1.0.)
  ・99 ページ、上 3 - 5 行: M. 16./ S. 21.  (v. 1.4.)
  ・99 ページ、上 12 - 14 行: M. 16./ S. 21.  (v. 1.1.)
  ・99 ページ、下 14 行 - 100 ページ、上 2 行: M. 17./ S. 21.  (v. 1.0.)

  ・100 ページ、上 5 - 6 行: M. 17./ S. 21.  (v. 1.0.)
  ・100 ページ、上 17 - 19 行: M. 17./ S. 22.  (v. 1.2.)
  ・101 ページ、下 11 - 12 行: M. 18./ S. 23.  (v. 1.1.)
  ・101 ページ、下 14 行: M. 18./ S. 23.  (v. 1.0.)
  ・101 ページ、下 15 - 17 行: M. 18./ S. 23.  (v. 1.1.)
  ・101 ページ、下 19 - 21 行: M. 18./ S. 23.  (v. 1.1.)
  ・102 ページ、上 6 - 8 行: M. 18./ S. 24.  (v. 1.1.)
  ・102 ページ、上 17 行: M. 19./ S. 24.  (v. 1.1.)
  ・102 ページ、上 19 - 21 行: M. 19./ S. 24.  (v. 1.1.)
  ・103 ページ、上 1 - 6 行: M. 19./ S. 24 - 25.  (v. 1.0.)
  ・103 ページ、上 6 - 7 行: M. 19./ S. 25.  (v. 1.1.)
  ・103 ページ、上 13 - 14 行: M. 19./ S. 25.  (v. 1.1.)
  ・103 ページ、上 20 - 下 2 行: M. 19./ S. 25.  (v. 1..2.)
  ・103 ページ、下 3 - 5 行: M. 19./ S. 25.  (v. 1.0.)
  ・103 ページ、下 9 - 13 行: M. 20./ S. 25.  (v. 2.0.)
  ・103 ページ、下 18 行 - 104 ページ、上 3 行: M. 20./ S. 25.  (v. 1.2.)
  ・104 ページ、上 10 - 12 行: M. 20./ S. 26.  (v. 1.0.)
  ・104 ページ、上 14 - 15 行: M. 20./ S. 26.  (v. 1.0.)
  ・104 ページ、下 5 - 10 行: M. 20./ S. 26.  (v. 1.0.)
  ・104 ページ、下 11 - 14 行: M. 20./ S. 26.  (v. 1.4.)
  ・104 ページ、下 14 - 17行: M. 20./ S. 26.  (v. 1.3.)
  ・105 ページ、上 12 - 19 行: M. 21./ S. 27.  (v. 1.1.)
  ・105 ページ、下 2 - 5 行: M. 21./ S. 27.  (v. 1.0.)
  ・106 ページ、下 9 - 10 行: M. 22./ S. 28.  (v. 1.2.)
  ・107 ページ、上 6 - 13 行: M. 22./ S. 28.  (v. 1.0.)
  ・107 ページ、上 17 - 19 行: M. 22./ S. 29.  (v. 1.0.)
  ・107 ページ、下 4 - 5 行: M. 22./ S. 29.  (v. 1.0.)
  107 ページ、下 13 行 - 108 ページ、上 2 行: M. 22./ S. 29. (v. 1.0.)
  ・108 ページ、上 10 - 18 行: M. 23./ S. 29f.  (v. 1.2.)
  ・108 ページ、下 1 行: M. 23./ S. 30.  (v. 1.0.)
  ・108 ページ、下 4 - 5 行: M. 23./ S. 30.  (v. 1.0.)
  ・108 ページ、下 6 - 7 行: M. 23./ S. 30.  (v. 1.0.)
  ・109 ページ、上 17 - 18 行: M. 24./ S. 31.  (v. 1.0.)
  ・109 ページ、下 1 - 2 行: M. 24./ S. 31.  (v. 1.0.)
  ・109 ページ、下 2 - 6 行: M. 24./ S. 31.  (v. 1.1.)

  ・110 ページ、上 3 - 4 行: M. 24./ S. 32.  (v. 1.1.)
  ・110 ページ、上 18 - 20 行: M. 25./ S. 32.  (v. 1.0.)
  ・110 ページ、下 14 - 16 行: M. 25./ S. 33.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、上 1 - 2 行: M. 25./ S. 33.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、上 3 - 7 行: M. 25./ S. 33.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、上 8 - 12 行: M. 25./ S. 33f.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、上 20 - 21 行: M. 26./ S. 34.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、下 3 - 4 行: M. 26./ S. 34.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、下 4 - 7 行: M. 26./ S. 34.  (v. 1.0.)
  ・111 ページ、下 12 - 13 行: M. 26./ S. 34.  (v. 1.1.)
  ・111 ページ、下 14 - 15 行: M. 26./ S. 34.  (v. 1.1.)
  ・112 ページ、上 4 - 7 行: M. 26./ S. 35.  (v. 1.1.)
  ・112 ページ、下 11 - 17 行: M. 27./ S. 35.  (v. 1.1.)
  ・112 ページ、下 17 - 19 行: M. 27./ S. 35.  (v. 1.0.)
  ・113 ページ、上 8 - 12 行: M. 27./ S. 36.  (v. 1.0.)
  ・113 ページ、上 21 行 - 下 1 行: M. 27./ S. 36.  (v. 1.0.)
  ・113 ページ、下 11 行 - 114 ページ、上 1 行: M. 27f./ S. 36.  (v. 1.0.)
  ・114 ページ、上 7 - 9 行: M. 28./ S. 37.  (v. 1.2.)
  ・114 ページ、下 11 - 14 行: M. 28./ S. 37.  (v. 1.2.)
  ・114 ページ、下 17 - 20 行: M. 28./ S. 37.  (v. 1.1.)
  ・115 ページ、上 2 - 5 行: M. 28./ S. 37.  (v. 1.1.)
  ・115 ページ、上 6 行: M. 28./ S. 37.  (v. 1.0.)
  ・115 ページ、下 7 - 9 行: M. 29./ S. 38.  (v. 1.0.)
  ・115 ページ、下 14 - 16 行: M. 29./ S. 38.  (v. 1.1.)
  ・116 ページ、上 1 - 2 行: M. 29./ S. 38.  (v. 1.1.)
  ・116 ページ、上 3 行: M. 29./ S. 38.  (v. 1.0.)
  ・116 ページ、上 14 - 16 行: M. 29./ S. 39.  (v. 1.0.)
  ・116 ページ、下 3 - 4 行: M. 29./ S. 39.  (v. 1.0.)
  ・116 ページ、下 10 - 13 行: M. 30./ S. 39.  (v. 1.2.)
  ・117 ページ、下 3 - 7 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.2.)
  ・117 ページ、下 8 - 10 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.0.)
  ・117 ページ、下 16 - 17 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.3.)
  ・117 ページ、下 19 - 20 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.0.)
  ・117 ページ、下 20 - 118 ページ、上 1 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.4.)
  ・118 ページ、上 5 - 6 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.2.)
  ・118 ページ、上 12 - 14 行: M. 30./ S. 40.  (v. 1.2.)
  ・118 ページ、下 4 - 7 行: M. 31./ S. 41.  (v. 1.0.)
  ・118 ページ、下 7 - 9 行: M. 31./ S. 41.  (v. 1.0.)
  ・119 ページ、上 3 - 6 行: M. 31./ S. 41.  (v. 1.2.)
  ・119 ページ、上 11 - 14 行: M. 31./ S. 41.  (v. 1.0.)
  ・119 ページ、上 20 - 下 3 行: M. 31./ S. 42.  (v. 1.0.)
  ・119 ページ、下 4 - 9 行: M. 31f./ S. 42.  (v. 1.1.)
  ・119 ページ、下 14 - 17 行: M. 32./ S. 42.  (v. 1.0.)

  ・120 ページ、上 18 - 19 行: M. 32./ S. 43.  (v. 1.0.)
  ・120 ページ、下 13 - 14 行: M. 32./ S. 43.  (v. 1.2.)
  ・120 ページ、下 15 - 17 行: M. 32./ S. 43.  (v. 1.0.)
  ・120 ページ、下 17 - 121 ページ、上 2 行: M. 32./ S. 43.  (v. 1.3.)
  ・121 ページ、下 7 - 9 行: M. 33./ S. 43f.  (v. 1.0.)
  ・121 ページ、下 10 - 13 行: M. 33./ S. 44.  (v. 1.1.)
  ・121 ページ、下 13 - 16 行: M. 33./ S. 44.  (v. 1.1.)
  ・122 ページ、上 3 - 5 行: M. 33./ S. 44.  (v. 1.1.)
  ・122 ページ、上 12 - 14 行: M. 33./ S. 44.  (v. 1.1.)
  ・122 ページ、下 2 - 7 行: M. 33./ S. 44.  (v. 1.1.)
  ・122 ページ、下 8 - 9 行: M. 33./ S. 44f.  (v. 1.1.)
  ・122 ページ、下 21 行 - 123 ページ、上 2 行: M. 34./ S. 45.  (v. 1.1.)
  ・123 ページ、上 15 - 19 行: M. 34./ S. 45.  (v. 1.0.)
  ・123 ページ、上 19 - 21 行: M. 34./ S. 45.  (v. 1.0.)
  ・123 ページ、上 21 - 下 2 行: M. 34./ S. 45.  (v. 1.1.)
  ・123 ページ、下 11 - 12 行: M. 34./ S. 46.  (v. 1.1.)
  ・123 ページ、下 13 - 15 行: M. 34./ S. 46.  (v. 1.1.)
  ・124 ページ、上 4 - 7 行: M. 34./ S. 46.  (v. 1.2.)
  ・124 ページ、上 11 - 12 行: M. 34./ S. 46.  (v. 1.0.)
  ・124 ページ、上 21 行 - 下 4 行: M. 35./ S. 46.  (v. 1.2.)
  ・124 ページ、下 6 - 7 行: M. 35./ S. 46.  (v. 1.1.)
  ・125 ページ、上 4 - 5 行: M. 35./ S. 47.  (v. 1.0.)
  ・125 ページ、上 8 - 13 行: M. 35./ S. 47.  (v. 1.0.)
  ・125 ページ、上 16 - 17 行: M. 35./ S. 47.  (v. 1.0.)
  ・125 ページ、下 19 - 20 行: M. 35./ S. 47.  (v. 1.0.)
  ・125 ページ、下 21 行 - 126 ページ、上 5 行: M. 35f./ S. 47f.  (v. 1.1.)
  ・126 ページ、上 6 - 10 行: M. 36./ S. 48.  (v. 1.0.)
  ・126 ページ、上 13 - 14 行: M. 36./ S. 48.  (v. 1.0.)
  ・126 ページ、上 18 - 21 行: M. 36./ S. 48. (v. 1.1.)
  ・127 ページ、上 17 - 18 行: M. 36f./ S. 49.  (v. 1.0.)
  ・127 ページ、上 20 行 - 下 1 行: M. 37./ S. 49.  (v. 1.0.)
  ・129 ページ、上 18 行 - 20 行: M. 38./ S. 51.  (v. 1.0.)
  ・129 ページ、下 4 行 - 9 行: M. 38./ S. 51.  (v. 1.2.)
  ・129 ページ、下 9 行 - 17 行: M. 38./ S. 51.  (v. 1.0.)

  ・130 ページ、上 18 行 - 下 1 行: M. 38./ S. 52.  (v. 1.0.)
  ・131 ページ、上 15 行 - 19 行: M. 39./ S. 52.  (v. 1.0.)
  ・131 ページ、上 21 行 - 下 3 行: M. 39./ S. 53.  (v. 1.0.)
  ・131 ページ、下 13 - 14 行: M. 39./ S. 53.  (v. 1.0.)
  ・132 ページ、上 13 - 14 行: M. 39./ S. 53.  (v. 1.0.)
  ・132 ページ、上 19 - 下 4 行: M. 39f./ S. 53.  (v. 1.0.)
  ・132 ページ、下 4 - 11 行: M. 40./ S. 53f.  (v. 1.0.)
  ・133 ページ、上 2 行: M. 40./ S. 54.  (v. 1.0.)
  ・133 ページ、上 11 - 13 行: M. 40./ S. 54.  (v. 1.0.)
  ・133 ページ、上 16 - 134 ページ、上 4 行: M. 40./ S. 54.  (v. 1.1.)
  ・134 ページ、下 18 - 19 行: M. 41./ S. 55.  (v. 1.1.)
  ・135 ページ、下 17 - 20 行: M. 41./ S. 56.  (v. 1.1.)
  ・135 ページ、下 20 行 - 136 ページ、上 1 行: M. 41./ S. 56.  (v. 1.2.)
  ・136 ページ、下 2 - 4 行: M. 42./ S. 56.  (v. 1.1.)
  ・136 ページ、下 8 - 11 行: M. 42./ S. 57.  (v. 1.2.)
  ・136 ページ、下 17 - 19 行: M. 42./ S. 57.  (v. 1.1.)
  ・137 ページ、上 7 - 11 行: M. 42./ S. 57.  (v. 1.3.)
  ・137 ページ、上 12 - 13 行: M. 42./ S. 57.  (v. 1.1.)
  ・137 ページ、下 4 - 7 行: M. 43./ S. 57.  (v. 1.2.)
  ・137 ページ、下 17 - 19 行: M. 43./ S. 58.  (v. 1.0.)
  ・138 ページ、上 9 - 13 行: M. 43./ S. 58.  (v. 1.1.)
  ・138 ページ、上 14 行 - 下 3 行: M. 43./ S. 58.  (v. 1.2.)
  ・138 ページ、下 3 - 9 行: M. 43./ S. 58f.  (v. 1.1.)
  ・138 ページ、下 13 - 16 行: M. 43./ S. 59.  (v. 1.2.)
  ・138 ページ、下 20 - 139 ページ、上 2 行: M. 43f./ S. 59.  (v. 1.1.)
  ・139 ページ、上 4 - 13 行: M. 44./ S. 59.  (v. 1.2.)
  ・139 ページ、上 16 - 下 3 行: M. 44./ S. 59.  (v. 1.2.)
  ・139 ページ、下 3 - 5 行: M. 44./ S. 59.  (v. 1.1.)
  ・139 ページ、下 8 - 9 行: M. 44./ S. 59f.  (v. 1.0.)
  ・139 ページ、下 10 - 15 行: M. 44./ S. 60.  (v. 1.4.)
  ・139 ページ、下 16 - 140 ページ、上 2 行: M. 44./ S. 60.  (v. 1.1.)

  ・140 ページ、上 10 - 11 行: M. 44./ S. 60.  (v. 1.1.)
  ・140 ページ、下 5 - 12 行: M. 45./ S. 60.  (v. 1.0.)
  ・140 ページ、下 13 - 16 行: M. 45./ S. 60.  (v. 1.0.)
  ・141 ページ、下 13 - 15 行: M. 45./ S. 61.  (v. 1.0.)
  ・142 ページ、上 3 - 5 行: M. 45f./ S. 62.  (v. 1.0.)
  ・142 ページ、下 18 - 19 行: M. 46./ S. 62.  (v. 1.0.)
  ・143 ページ、上 18 - 21 行: M. 46./ S. 63.  (v. 1.0.)
  ・143 ページ、下 1 - 11 行: M. 46f./ S. 63.  (v. 1.1.)
  ・144 ページ、上 10 - 12 行: M. 47./ S. 64.  (v. 1.1.)
  ・144 ページ、上 15 - 17 行: M. 47./ S. 64.  (v. 1.0.)
  ・144 ページ、下 11 - 16 行: M. 47./ S. 64.  (v. 1.0.)
  ・144 ページ、下 18 - 20 行: M. 47./ S. 64.  (v. 1.0.)
  ・144 ページ、下 21 行 - 145 ページ、上 2 行: M. 47./ S. 64.  (v. 1.0.)
  ・145 ページ、上 14 - 15 行: M. 48./ S. 65.  (v. 1.0.)
  ・145 ページ、上 18 - 19 行: M. 48./ S. 65.  (v. 1.0.)
  ・145 ページ、下 4 - 5 行: M. 48./ S. 65.  (v. 1.0.)
  ・145 ページ、下 11 - 16 行: M. 48./ S. 65.  (v. 1.0.)
  ・146 ページ、上 9 - 12 行: M. 48./ S. 66.  (v. 1.0.)
  ・146 ページ、上 13 - 14 行: M. 48./ S. 66.  (v. 1.0.)
  ・147 ページ、上 13 - 14 行: M. 49./ S. 67.  (v. 1.0.)


130 ページ、上 18 行 - 下 1 行: M. 38. / S. 52.

★ 元の訳:
 これにひきかえ、一覧表を作るのを仕事とするような悟性のやり方は、内容の必然性と概念を、すなわち、その悟性によって排列される事物の具体性と現実性と生きた運動とをなしているところのものを、自分だけのものとしてとっておく。

◆ 原文:
 Der tabellarische Verstand behält für sich die Notwendigkeit und den Begriff des Inhalts, das, was das Konkrete, die Wirklichkeit und lebendige Bewegung der Sache ausmacht, die er rangiert, . . .

☆ 拙訳:
 [規定などの] 一覧表にたずさわっている悟性は、内容の必然性と概念を――つまり、具体的なものや現実性を形成しているものを、また、悟性が位置づける事がらの生きた運動も形成しているものを――自分の所有物にしてしまうのである。

◇ 拙訳の理由:
 引用文中の behält für sich は、「自分の所有物にする」という意味です。つまり、本来は悟性が対象としているところの内容(事物。事がら)がもち、内容自体において発展すべき諸規定を、悟性は自分のものとして一覧表にしてしまい、それらの規定を逆に悟性が内容に外から貼りつける(「その規定が何か他のものから受けとられ、外からあてがわれた」 130 ページ、上 14 行)、ということです。
 元の訳では「自分だけのものとしてとっておく」となっていますが、この箇所では「とっておく」というより、一覧表にして、それを悟性は積極的に活用します。
 なお、für sich behalten の辞書での意味は、「或物を取っておく。手放さない。<比喩的に>胸にしまっておく。秘密にしておく」(相良守峯『大独和辞典』、
behalten の項目、I, 2)です。

(初出 2014-9-29, v. 1.0.)
(目次)


131 ページ、上 15 行 - 19 行: M. 39. / S. 52.

★ 元の訳:
 しかしそうなるのは、そこでとりあつかわれていた充実した内容そのものが、ふたたび自分を自分の内に取りもどし、単純化されて一つの規定となり、自分自身を自分の現存在における一つの側面へひきさげ・・・

◆ 原文:
 . . . aber nicht eher als darin, dass die Erfüllung oder der Inhalt sich in sich zurücknimmt, zur Bestimmtheit vereinfacht, sich selbst zu Einer Seite eines Daseins herabsetzt, . . .

☆ 拙訳:
 しかしそれは、満たしているものすなわち内容が、自分を自分のうちへと取り戻し、規定性へと単純化され、自分自身を現存するあるものという 1 つの側面にまで引きさげて・・・を待ってである。

◇ 拙訳の理由:
  Einer Seite と、そのあとの eines Daseins は同格だと思います。つまり、「内容」というものは、「規定性」をえるまでは普遍的で観念的なあり方をしており(シェリングまでの用語で言えば、超越論的です)、ある規定をえてはじめて現実存在(
Dasein, 現存するもの。元の訳では「現存在」)になります。しかしそのある現実存在は、普遍的内容という全体者の 「1 つの側面」にしかすぎず、その後の自己運動によってさまざまな現実存在へと転化します。
 なお、原文は eines Daseins (ある/1 つの現存するもの)であって、des Daseins (現存というもの)ではありませんので、元の訳のように「現存在における一つの側面」とはなりません。

(初出 2014-10-11, v. 1.0.)
(目次)


131 ページ、上 21 行 - 下 3 行: M. 39. / S. 53.

★ 元の訳:
 内容の豊かさにあっては反省とともに失われていたようにみえたもの、すなわち、自分を見渡す単純なる全体そのものが、このようにして当の豊かさのなかから立ち現れるのである。

◆ 原文:
 Dadurch emergiert das einfache sich übersehende Ganze selbst aus dem Reichtume, worin seine Reflexion verloren schien.

☆ 拙訳:
 このことによって、単純にして、自分を見わたすような全体自体が、[内容の] 豊かさの中から出現してくるのである。この豊かさのうちでは、全体の [自分自身への] 帰還は、失われていたように見えたのではあるが。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳は、「反省とともに」などの語句を使い、そうとう意訳しており、かえって文意がはっきりしません。
 また、元の訳ではこの「反省(
Reflexion)」は、すこし前に登場する「知識(Wissen)」ないし「学問的認識(das wissenschaftliche Erkennen)」の「反省」になります。ところが原文は seine Reflexion となっており、seine は「全体(Ganze)」です。すなわち、seine Reflexion は、「全体の [行う] Reflexion (反射/帰還)」であって、知識(学問的認識)の「反省」などではありません。
 そこで拙訳では、逐語的に訳出しました。

(初出 2014-10-11, v. 1.0.)
(目次)


131 ページ、下 13 - 14 行: M. 39. / S. 53.

★ 元の訳:
 ・・・質によって、ある現存在は他の現存在から区別され、一つの現存在としてある。

◆ 原文:
 . . . ; durch die Qualität ist ein Dasein von einem anderen unterschieden, oder ist ein Dasein;

☆ 拙訳:
 現存するものは、質によって他の現存するものから区別される、すなわち 1 つの現存するものである。

◇ 拙訳の理由:
 引用原文中の
oder は、元の訳では省略されていますが、「すなわち」と明確に訳出すべきかと思います。この箇所の前後では、舌足らずではありますがヘーゲル哲学の骨子が述べられています。そしてこの箇所においては、<質による他のものからの区別、すなわち現存>と、主張されているのです。
 なるほどふつうの考えでは、
・他のものから質によって区別されること(他のものと質が異なること)は、
・つまり、(この箇所のすこし前で、質は「単純な規定性」だとされていますから、)他のものから規定によって区別されることは、
あるものが独自に現存するための必要条件ではあっても、両者の関係は「すなわち(イコール)」ではありません。
 しかし、ドイツ観念論においては――
 シェリングが観念論の立場をとった理由の 1 つに、現存するもの(個別者)にはもともと普遍者が宿っているということがあります。たとえば、眼前の 1 本の木(個別者)は、木というもの(普遍者)です。この普遍者の「木」は、個別的な多くの木から抽象されたものではないし(*1)、ましてや多くの木を単に一括して呼ぶたんなる音(記号)でもありません。この普遍者を宿すがゆえに、眼前の木は木としての存在(現存)をえている、そのような「存在」なのです。ここまでは、ヘーゲルも同意します。
 ところが、シェリングにとってこの普遍者は、イデア的形象であって知的直感の対象であったの対し、ヘーゲルはこれを「概念」、簡単にいえば(言語的)規定性だと考えます。そして、規定性の矛盾によってその規定性が発展するのに即応して、現存するものも発展します。
 ところで、現代の構造主義言語学が教えるように、言語的規定性は相互の差異(区別)に存します。ヘーゲルはそれを先取りし、差異による存立ということを現実に存在するものにまで及ぼすのです。「赤色は、黄色や青色がそれに対立するかぎりにおいて存在する」というわけですす(*2)
  したがって彼にあっては、<他のものから質(=規定)によって区別されることは、すなわち、あるものが現存すること>なのです。

----------------------------------------------------------
(*1) この点については、拙稿『科学的帰納法への、ドイツ観念論からの批判』を参照。

(*2) 『エンチクロペディー』、42 節の補遺 1(ズーアカンプ版『ヘーゲル著作集』、第 8 巻、117ページ)。

(初出 2014-10-13, v. 1.0.)
(目次)


132 ページ、上 13 - 14 行: M. 39. / S. 53.

★ 元の訳:
 学問というものは、いきなり対象にかんして主張するだけの独断論であってはならないが・・・

◆ 原文:
 . . . an die Stelle des behauptenden Dogmatismus . . .

☆ 拙訳:
 ・・・有無をいわさぬ独断論の後釜に・・・

◇ 拙訳の理由:
 behauptend は、「(証明などはせずに、たんに)主張するだけ」という意味よりももっと強く、
apodiktisch (断定的な。反論を許さない。有無を言わさない)という意味です。
(初出 2014-10-15, v. 1.0.)
(目次)


132 ページ、上 19 - 下 4 行: M. 39f. / S. 53.

★ 元の訳:
 知識は、内容がそれ自身の内面に帰ってゆくのを見るのであったが、そのさい、知るはたらきは、一方では内容のなかに沈められていると同時に、他方では自分のうちに帰っている。それが内容のなかに沈みこんでいるのは、内容の内在的自己にほかならないからである。自分のうちに帰っているというわけは、それが、他でありつつ純粋な自己同一を保つものだからである。

◆ 原文:
 . . . indem das Wissen den Inhalt in seine eigene Innerlichkeit zurückgehen sieht, ist seine Tätigkeit vielmehr sowohl versenkt in ihn, denn sie ist das immanente Selbst des Inhalts, als zugleich in sich zurückgekehrt, denn sie ist die reine Sichselbstgleichheit im Anderssein;

☆ 拙訳:
 ・・・内容がそれ自身の内面へと戻っていくのを、知が見ることで、むしろ知の活動が内容のなかへと沈みこんだのである。というのも、知の活動は内容の内在的自己だからである。そしてまた同時に、知の活動は自分のうちへと帰ってもいる。というのは、知の活動は、他のもののうちにあっての純粋な自己同等だからである。

◇ 拙訳の理由:
 この箇所では、内容の運動と知の活動が相即し同一であることが言われていますので、両者の対応が明確になるように訳出する必要があります。
(1) <内容が自分のうちへと帰る=知の活動が内容のなかへと沈みこむ>ことが、言われています。そこで、versenkt in ihn [= den Inhalt] ですが、
in が 4 格ということもあって、「内容のなかに沈みこんでいる」ではなく、「内容のなかへと沈みこんだ」と動的に訳出した方がいいでしょう。

(2) ist . . . versenkt は状態受動形ですが、文法に忠実に「沈みこまされてしまった」と訳すのは、行き過ぎでしょう。「受動」のニュアンスは、「・・・ことで、・・・沈みこむ」という訳で、「状態」のニュアンスは「(沈み)こんだ」によって、出ていると思います。

(3) 元の訳は「それ [知のはたらき] が、他でありつつ」となっており、<知のはたらき=他(内容)」のような表現になっています。しかし、知のはたらきは、「内容の内在的自己」であって、内容そのものではありません。
 そこで引用原文の最後の im Anderssein は、率直に「他のもののうちにあっての」と訳出するのが、よいと思います。

(初出 2014-10-16, v. 1.0.)
(目次)


132 ページ、下 4 - 11 行: M. 40. / S. 53f.

★ 元の訳:
 したがって、知るはたらきというものは一種の詭計である。それは、自分でははたらきをやめたように見せかける。そして、ある規定をもつものの具体的生命が、自分を保存しようとして特殊な関心を追っているつもりでいるけれども、まさにその行為によって実は逆のことが起こっており、当のものが自分自身を解体して全体の一契機となりつつあるのを、知識は眺めているのである。

◆ 原文:
 . . . ; so ist sie [= die Tätigkeit des Wissens] die List, die, der Tätigkeit sich zu enthalten scheinend, zusieht, wie die Bestimmtheit und ihr konkretes Leben, darin eben, dass es seine Selbsterhaltung und besonderes Interesse zu treiben vermeint, das Verkehrte, sich selbst lösendes und zum Momente des Ganzen machendes Tun ist.

☆ 拙訳:
 ・・・したがって、知の活動は狡猾である。すなわち、知の活動は自らは何もしないかの如くである。そして、規定性をおびた具体的な生が、自己維持と自分の利益をはかっていると思いこんでいるまさにそのところで、規定性とその具体的な生がいかにその逆であるかを、そして自らを溶解して全体の契機となしているかを、[ただ] 眺めているように狡猾によそおうのである。

◇ 拙訳の理由:
(1) 元の訳では、die Tätigkeit des Wissens が、引用文冒頭では「知るはたらき」、最後の方では「知識」と語を変えて訳されているために、両者が別のような印象を与えます。したがって、知るはたらきという「詭計」と、「眺めている」ことも別事になっています。
 しかし、
List (= die, 詭計。狡猾さ)が、zusieht (眺める)のですから、眺める [ように装う] ことが詭計なのです。

(2) つまり、「der Tätigkeit sich zu enthalten (自分でははたらきをやめる。自らは何もしない)」ことと、「眺める」ことは同じ意味になっています。「自らは何もしない、がしかし、眺めることはする」という意味ではありません。

(3) ではどうしてこのような知の活動が「詭計。狡猾」であるかといえば、この
so (したがって)で始まる引用文の直前で言われているように、「知の活動は内容の内在的自己」であるので、「内容がそれ自身の内面へと戻っていく」ことは、「知の活動が内容のなかへと沈みこん」でいくことだからです。つまり、内容の行う運動を、知はただ眺めているだけのようですが、じつはその運動は知が行う運動なのです。いわば、実行した犯人が、目撃者を装っているようなものです。
 なお、『精神の現象学』の
「緒論(Einleitung)」では、zusehen (眺める。傍観する)できるのは、またすべきなのは、内容(対象)と知(概念)両者の外側にいる私たちであることが、説かれています(*1)

(4) 引用原文中の
besonderes Interesse は、「特殊な関心」というよりも、「自分の(個別的な)利益」です。なお、Interesse は、「関心」でも「利益」でもいいと思います。

----------------------------------------------------------
(*1) 「概念と対象、あるいは物差しと検査されるものが、意識自体の内部に存在することから、私たちがなにか追加することが余計であるばかりでなく、これら 2 つのものの比較や本来の検査も、私たちはしなくていいのである。そこで、意識が自らを調べることになり、この点からも私たちに残されているのは、ただたんに眺めることだけである」。(『アカデミー版 ヘーゲル全集』, Bd. 9, S. 59. ズーアカンプ社『ヘーゲル著作集』, Bd. 3, S. 77)

(初出 2014-10-19, v. 1.0.)
(目次)


133 ページ、上 2 行: M. 40. / S. 54.

★ 元の訳:
 言いかえれば、規定された一般性、すなわちとしてである。

◆ 原文:
 . . . das heißt, bestimmte Allgemeinheit, Art.

☆ 拙訳:
 ・・・すなわち、規定された普遍性であり、である。

◇ 拙訳の理由:
 この箇所の Allgemeinheit は、哲学用語としての「普遍性」として訳出する必要があります。「一般性」と「普遍性」が哲学的にはまったく違うことについては、こちらを参照ください。

(初出 2014-10-21, v. 1.0.)
(目次)


133 ページ、上 11 - 13 行: M. 40. / S. 54.

★ 元の訳:
 しかも、その言葉の意味が漠然としているだけに有難味が増すのは、それが外国語からきたものだからにすぎない場合も少なくない。

◆ 原文:
 . .
. der [= ein anderer Ausdruck] , wenn es auch nur darum ist, weil er einer fremden Sprache angehört, den Begriff in Nebel einhüllt, und damit erbaulicher lautet.

☆ 拙訳:
 ・・・その表現は、概念を雲霧で包み――その表現がたんに外国語に属するということだけであれ――、そのことによってより感動的に響くのである。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳は、なかなかいい意訳です。ただ、
Erbaulich が「感動的」という意味であることについては、こちらを参照ください。

(初出 2014-10-22, v. 1.0.)
(目次)


133 ページ、上 16 - 134 ページ、上 4 行: M. 40. / S. 54.

★ 元の訳:
 しかしこの自己同一性は、同時に否定性なのである。そのため、あの固定的な現存在がみずから解体してゆくことになる。――ある規定をもっていることは、はじめのうちは、ただ他のものとの関係によってのみ成り立っていることのようにみえ・・・

◆ 原文:
 
Aber diese Sichselbstgleichheit ist ebenso Negativität; dadurch geht jenes feste Dasein in seine Auflösung über. Die Bestimmtheit scheint zuerst es nur dadurch zu sein, dass sie sich auf Anderes bezieht, . . .

☆ 拙訳:
 しかし、この [実体の] 自己との相等性は、また否定性でもある。このことによって、前記の確固として現存するものは、溶解する。規定性が否定性であるのは、規定性が他のものに関わることによっておきることのように、まずは思われる・・・

◇ 拙訳の理由:
 文脈が問題となるため引用が長くなりましたが、問題は最後の文中の
es . . . zu seines が何を受けているかです。
 (i) この
es は、「述語に代わる es (1 格)」で、Aber diese . . . 文中の Negativität (否定性)を受けていると思います。つまり、Aber diese . . . の文の述語である Negativität に代わって、用いられています。

 (ii) しかし、元の訳はこの個所を意訳して、
 「ある規定をもっていることは、はじめのうちは、ただ他のものとの関係によってのみ成り立っていることのようにみえ」
としています。(したがって、元の訳者が問題の es何にとったのか、判然とはしません。)
 しかしこれでは、ヘーゲルの主張とはまったく逆の意味になってしまいます。この引用原文のある原文段落(元の訳では、132 ページ、下 12 行から)では、
 「現存在は質である。それは自己同一的に規定されており [直訳は、「自己相等的な規定性であり」] ・・・規定された思想である」(132 ページ、下 15 -17 行)
とすでに述べられており、「規定性」は、まずは「自己 [と] 同一」なのです。すなわち、「はじめのうちは、ただ他のものとの関係によってのみ成り立っていることのようにみえ」は、しないのです。

 (iii) とはいえ、(i) で言うように
esNegativität を受けるとすると、両者の間には dadurch geht . . . の 1 文があり、間遠いように思われるかもしれません。しかし、この文の直前の Aber diese . . . の文は、ピリオドではなくセミコロンで終っています。したがって、これら 2 つの文は、一つながりのような印象を与えます。そこで、ヘーゲルが次に Die Bestimmtheit scheint と書き出したときには、Aber diese . . . 文中の ist ebenso Negativität の残像が、あったのではないでしょうか。

 (iv)
Negativität は女性名詞なので、es ではなく sie を使ってもよかったのではないかということに関しては―――
 
sie ではその前の女性名詞 Auflösung を指すようになってしまいます。sie が、直前の文中の Auflösung を飛び越えて、より遠くの Negativität を受けるというのは、文法的・心理的にちょっときびしいものがあります。

(初出 2014-10-23, v. 1.1.)
(目次)


134 ページ、下 18 - 19 行: M. 41. / S. 55.

★ 元の訳:
 ここで述べられたことは、学問的方法の概念を表現してはいるけれども、ことがらそのものに対し先廻りしてなされた一つの断言であって、それ以上のものと見なされるわけにはいかない。

◆ 原文:
 
-- Das hier Gesagte drückt zwar den Begriff aus, kann aber für nicht mehr als für eine antizipierte Versicherung gelten.

 (なお、für nicht mehr als für eine antizipierte Versicherung の部分は、筆者の誤った引用によるものではなく、『アカデミー版ヘーゲル全集』にもとづくマイナー社の「哲学文庫版」や、ズーアカンプ社『ヘーゲル著作集』でもこのようになっています。筆者もこの箇所を読んだときには、一瞬意識が空白になったといいますか、目まいのようなものを感じました。)

☆ 拙訳:
 ――ここで述べられたことは、なるほど [学問的方法についての私の] 見解を表してはいるが、先取りされた確言ということ以上のものとして、妥当するわけではない。

◇ 拙訳の理由:
 「ここで述べられたこと(
Das hier Gesagte)」とは、この引用文の直前にある以下の文を指します:
 「学問的な方法は、内容から分離してはいないし、またこの方法自身によって自らのリズムを決めるのであるが、このような学問的方法の特質は、すでに述べたように、思弁哲学において叙述されれるのである」。
 そこで問題は、この文が「表して(drückt . . . aus)」いるところの Begriff の意味です。哲学関係での Begriff の意味は、おもに次の 3 つです:
(1) 事物の本質をとらえる思考の形式(『広辞苑 第6版』)。
(2) 見解。考え(方)。意見。
(3) 概要。あらまし。
 なおこの箇所では、(1) のバリエーションとして、
(4) 矛盾によって発展するヘーゲル的概念
もありえます。

 まず、今問題の
Begriff は、いわゆる「概念」、つまり (1) と (4) の意味ではないと思います。といいますのは、この引用文の直後には、
 (拙訳)「この確言が真理だということは、前記の部分的に比喩的な説明erzählenden Exposition(*1)によるのではない」
と書かれているからです。概念において「比喩的な説明」が使われたのであれば、奇妙なことになってしまいます。
 そこで、Begriff の意味は、(2) か (3) になりますが、一応 (2) の「見解」にしました。「概要。あらまし」の可能性もありますが、「見解」と「概要」のいずれでも、大差はないと思われます。

----------------------------------------------------------
(*1) erzählend は、ふつう「(物語を)物語る」という意味です。そこで、
erzählenden Exposition は「物語的な説明」と、まずは訳せます。ではこの「物語的な説明」が何を指すかといえば、この直前の上記引用文
 「学問的な方法は・・・またこの方法自身によって自らのリズムを決めるのであるが・・・」
中の、「自らのリズムを決める」という部分でしょう。
 すると、この部分を「物語的」というのは、日本語としておかしく感じられます。むしろ、「形象的」とか「比喩的」です。そこで拙訳では、「比喩的」にしています。
・なお、『ゲーテ辞典』には erzählen の項目、3, a, αに、
 「(おもに)
詩的、文学的に表現するしかたや形式において、たんなる想像で、ジャンルの区別といったことにはこだわらず、ある事を、(部分的には)虚構のことさえも、即興的に語る」ことだとの説明があります。
・また、Duden Deutsches Universalwörterbuch(第6版) では、 a)「直観的なしかたで表現する」こととなっています。
 そこで、erzählend に「比喩的」の訳語を当てることも、許されるのではないかと愚考しました。

(初出 2014-10-27, v. 1.1.)
(目次)


135 ページ、下 17 - 20 行: M. 41. / S. 56.

★ 元の訳:
 こうした意識にとっては、質料あるいは素材のなかにあると同時に、そこから自分の自己を純粋にとりだし、自分のもとにあるということは、つらい仕事に感じられる。

◆ 原文:
 
. . . ein zufälliges Bewusstsein, das in den Stoff nur versenkt ist, welchem es daher sauer ankommt, aus der Materie zugleich sein Selbst rein herauszuheben und bei sich zu sein.

☆ 拙訳:
 ・・・素材のなかにたんに沈みこんでいる、偶然的な意識である。したがってこの意識にとっては、さらに質料から自分自身を引き上げて、平常心でいるようなことは困難なのである。

◇ 拙訳の理由:
(1) rein herauszuheben
rein の意味が問題です。元の訳では「純粋に」と訳していますが、この reinherein (こちらの内へ)の意味ではないでしょうか(ただし拙訳では、herein を「こちらの内へ」と訳すと日本語としてくどくなるので、訳出していません)。といいますのは、
 (i) 「純粋にとりだす(引き上げる)」だとしますと、なぜことさら「純粋に」とヘーゲルは書いたのか、その理由が不明です。つまり、この箇所の前後には、「純粋に」に相当するような語句や記述が見当たりません。

 (ii) もし、<自己だけをそのままとりだす>ということを彼が書きたかったのであれば、
rein herausheben ではなく、rein を形容詞として用いて sein reines Selbst herausheben と書いたように思います。すこし前の箇所には、solche reine Selbstbewegungen という表現があります。

 (iii) しかし、(he)rein herausheben の意味だとすると、her が重なってしまうのではないか――との反論があるかと思いますが、グリム『ドイツ語辞典』には
herausher といった語も出ています。そしてゲーテはこの語を分けて、mutter, mutter! tritt heraus her! (ママ、ママ! そこから出てきて!)のように使ったそうです。
 そこで、
her が重なったとしても、それほど不自然な語感にはならないと思われます。

 (iv) そしてオンライン上でも、
rein heraushebenreinherein だと思われる用例があります。たとえば:1829 年出版の Enzyklopädisches Handwörterbuch der biblischen Grund-Realien und Haupt Verbalien, Erster Band. A - G の 69 ページに、以下のようにあります:
 
Die Mythen sind entweder theologisch-philosophisch, oder historisch, oder gemischter (poetischer) Art. Bei den ersten muss ich das in ihnen liegende Philosophem, bei den zweiten in ihnen liegende reine Thatsache, bei den dritten beides zugleich rein herausheben.
 「神話というものは、神学的・哲学的なものであるか、歴史的なものか、あるいはそれらの混合した(詩的な)ものである。最初の [神学的・哲学的な] 神話の場合には、その中にある哲学的問題を、2 番目の場合にはその中にある純粋な事実を、3 番目の場合には哲学的問題と純粋な事実とをともに、私は引きださねばならない。」

 上記の文で、最後の rein herausheben
rein が「純粋に」だとすると、「2 番目の場合には・・・純粋な事実を・・・純粋に引きだ」すことになります。しかしそれでは、「純粋」が重なり、意味も重複しますので、文体的には避けるべき事態となってしまいます。そこでこの文の reinherein の意味だと思われます。(ただし拙訳では、herein を「こちらの内へ」と訳すとくどくなるので、訳出していません)。

(2) bei sich zu sein が、元の訳では「自分のもとにある」となっています。しかしこの箇所は、
an sich, für sich などが登場する形而上学的(ヘーゲル哲学的)議論の場ではないのですから、「自分のもとにある」では意味が不明です。
・ bei sich zu seinの意味は「正気で」(相良守峯『大独和辞典』の
sich の項目、5, a)とあり、
bei sich sein は「正気である」(小学館『独和大辞典 第 2 版』sich の項目、1,
b, 5)ですから、
ここでの意味も「正気である」でしょう(拙訳では、文脈から「平常心でいる」としています)。

(初出 2014-11-3, v. 1.1.)
(目次


135 ページ、下 20 行 - 136 ページ、上 1 行: M. 41. / S. 56.

★ 元の訳:
 ・・・理屈をこね論証を事とするほうは、内容から自由であり、内容に対して優越しているとのうぬぼれがある。

◆ 原文:
 
. . . das Räsonieren hingegen ist die Freiheit von dem Inhalt und die Eitelkeit über ihn;

☆ 拙訳:
 ・・・理屈ばかりをいう方は、内容には拘束されず、内容については虚(きょ)である。


◇ 拙訳の理由:
 
die Eitelkeit が、元の訳では、「優越しているとのうぬぼれ」になっています。しかし、ここでの意味は、「(空)虚」だと思います。なお、「空虚」の訳語は leer にあてていますので、拙訳は「虚」にしています。
(ちなみに、「緒論(
Einleitung)」での Eitelkeit の意味は、すべて「うぬぼれ」ですが、本文では「うぬぼれ」と「(空)虚」が混在しているようです――「うぬぼれ」の意味は:
・ M. 294./ S. 401,
・ M. 310./ S. 422,
・ M. 358, 359./ S. 489 の 2 箇所
等です)。

 といいますのは、「理屈をこね論証を事とするほう」が、「内容に対して優越している」との考えをもっているという記述はありませんでした。むしろ、「論証を事とする形式的思考」(135 ページ、下 13 行: M. 41./ S. 56.)と書かれており、「理屈をこね論証を事とするほう」は、内容をもつ思考ではなく、形式的なのです。そのため、既成の内容に対しては、自分の形式を押しつけて「内容を好き勝手に動かす原理」(136 ページ、上 2 - 3 行: M. 41./ S. 56.)として振るまえるのです。

(初出 2015-7-25, v. 1.2.)
(目次)


136 ページ、下 2 - 4 行: M. 42. / S. 56.

★ 元の訳:
 否定におけるこの態度は、空虚な自我へ帰ってくる反省であり、自分の知識についてのむなしい誇りに終始する。――しかしこの誇りのむなしさが・・・

◆ 原文:
 
Es ist die Reflexion in das leere Ich, die Eitelkeit seines Wissens. -- Diese Eitelkeit . . .

☆ 拙訳:
 こうした事態は、空虚な自我への帰還であり、その自我の知の虚(うつ)ろさである。そしてこの虚ろさは・・・


◇ 拙訳の理由:
(1) 元の訳では、Reflexion in das leere Ich が、「空虚な自我へ帰ってくる反省」となっています。しかし、「空虚な自我へ帰ってくる」だけで十分であり、「反省」の語は不要で、誤りです。といいますのは――
 (i) 主語の
Es は、この引用文の前に述べられている、「この思考 [=論証を事とする形式的思考] 態度は、それがとりあげている内容に対して否定的にふるまう場合、その内容を反駁し無に帰せしめる」(136 ページ、上 15 -17 行)を指します。つまり、論証を事とする形式的思考が、たとえば「A は B ではない」と言うと、そこで進行はストップしておしまいになるということを、指しています。
 さてこの時、A は B ではないということでもって、対象である A の側の関与は終わっており、あとにはこの事態を否定した自我だけが残ることになります。しかし、この自我の意識内容には、以前あった「A は B である」は否定されてなくなっているのですから、なにも残っていません――このことを、ヘーゲルは die Reflexion in das leere Ich ([対象の側の事態から] 空虚な自我への帰還)といっているわけです。(ではなぜ、たんに「あとには空虚な自我だけが残る」とせずに、「空虚な自我への帰還」などと書くのかといえば、「運動」を基調とする彼の認識論によって、論証を事とする形式的思考を表現した(位置づけた)ためでしょう。)

 (ii)
そこで、「A は B ではない」という内容への反駁(はんばく)は、対象的事態についての「客観的判断」であって、自我ないし主観の「反省」ではないのです。
  (a) かりに自我の反省だとすれば、引用文は im leeren Ich (空虚な自我のうちでの)となり、Ich は 3 格のはずです。

  (b) <しかし、すべてはヘーゲル的絶対的者の内でおこり、絶対者は精神であるから、前記の客観的判断も、また「自我へ帰ってくる」(元の訳)ことも反省である>という主張は、早とちりといいますか、誤った読み込みです。ヘーゲルはそのような絶対者をここまでに登場させてはいません。それにこれは、精神の現象を扱った本の「序文」ですから、なんらかの準備の言句や説明・遁辞ぬきで、突然絶対者からの観点をだせるはずもないのです。

(2) 元の訳では Eitelkeit が、自分の知識についてのむなしい誇り」とか「誇りのむなしさ」になっています。しかし知識を誇ろうにも、知識の「内容を反駁し無に帰せしめ」ており、「新たな内容に進んでゆくことはない」のですから、そもそも持っている知識がないのです。そこでこの Eitelkeit は、「虚ろ」の意味です。

(初出 2014-11-24, v. 1.1.)
(目次)


136 ページ、下 8 - 11 行: M. 42. / S. 57.

★ 元の訳:
 そこでおこなわれる反省は、自分の否定性そのものを、内容として取り入れるということがないのであるから、およそ問題にされていることがらのなかにいることはなく・・・

◆ 原文:
 
Dadurch, dass diese Reflexion ihre Negativität selbst nicht zum Inhalte gewinnt, ist sie überhaupt nicht in der Sache . . .

☆ 拙訳:
 前述の帰還が、自分のもつ否定性自体を内容としては獲得しないのだから、その知見は事がらのうちにあるのでは決してなく・・・


◇ 拙訳の理由:
(1) 原文中の Reflexion が、「反省」ではなく「(空虚な自我への)帰還」であることは、「136 ページ、下 2 - 3 行」での「◇ 拙訳の理由」で述べたとおりです。

(2) そこで問題となるのは、引用文の主文の主語である sie が何を指すかです。元の訳は、引用文の副文の主語である diese Reflexion (この帰還)にとっていますが、「知見(
Einsicht, 元の訳では「洞察」)だと思います。といいますのは――
  (i) この引用原文の前の文は、「なぜならその知見(
sie)は、肯定的なものを自分のうちに見いださないような、否定的なものだからである」(拙訳)となっており、この文の主語 sie は「その知見(diese Einsicht」です。(元の訳も、この主語 sie を「その洞察」と訳しています。)
 したがって、ヘーゲルの念頭には当面のテーマとして、「知見」があったと推測できます。

  (ii) またこの引用原文の後の文である、「それだからこの知見(
sie)は、空虚な主張によって、内容豊かな知見(eine inhaltsreiche Einsicht)よりもつねに進んでいると、錯覚するのである」(拙訳)の主語 sie も、「知見」と解せます。といいますのは、sie と比較されているのは、「内容豊かな知見(Einsicht)」です。2 つのものの比較にあたっては、両者の種類が同じであるのがふつうです。

  (iii) 引用原文の主文の主語である sie と、引用原文の後の文の主語 sie が、同じものを指していることは内容的に明らかです(元の訳もそのように解しています)。

  (iv) そこで (i), (ii), (iii) より、問題の
sie も、「その知見」を受けていると思います。

(初出 2014-11-26, v. 1.2.)
(目次)


136 ページ、下 17 - 19 行: M. 42. / S. 57.

★ 元の訳:
 この否定性は、内容に内在する運動と規定との原理としても・・・

◆ 原文:
 
Das Negative . . . ist sowohl als seine immanente Bewegung und Bestimmung . .

☆ 拙訳:
 否定的なものは・・・内容の内在的な運動や規定として・・・


◇ 拙訳の理由:
 元の訳は、immanente を「内在する・・・原理」と、「原理」をつけて意訳しています。しかし原文は、
・「否定的なもの」(拙訳。以下同じ)それ自体が、「運動や規定」であると言っているのであって、
・なにも「運動や規定」が、原理である「否定的なもの」の現われや具体化だとは、
ここで言ってはいません。

(初出 2014-11-25, v. 1.1.)
(目次)


137 ページ、上 7 - 11 行: M. 42. / S. 57.

★ 元の訳:
 この側面の注目すべき本性は、さきに述べた理念の本質そのものと密接に関係している。というより、むしろ、理念が思考による把捉(はそく)の運動として現われるとき、どのような事態が生ずるかが、そこで示されることになる。

◆ 原文:
 
Die merkwürdige Natur derselben hängt mit dem oben angegebenen Wesen der Idee selbst enge zusammen, oder drückt sie vielmehr aus, wie sie als die Bewegung erscheint, die denkendes Auffassen ist.

☆ 拙訳:
 この側面の注目すべき性質は、理念の上述した本質自体に、密接に関連している。あるいはむしろ、この注目すべき性質は、思考による把捉の運動としての理念が、どのように現象するかということを、示しているのである。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳は、いささかはしょったものになっています。確認しておけば、
(1)
ausdrücken の主語は、Die merkwürdige Natur derselben [= einer anderen Seite] です。(oder は並列の接続詞なので、動詞 ausdrücken は定形正置。したがって、主語は drückt より前にあります。)
(2) drückt sie
sie は目的語で、すこし前の Idee を指します。
(3) wie sie sie は主語で、Idee を指します。
(4) die Bewegung を、そのあとで関係代名詞の
die が受けています(denkendes Auffassen は中性なので、直前の die を冠詞にすることはできません)。この die が主語で、denkendes Auffassen は補語です。
 そこでこの文を直訳すれば、
 「この別の側面の注目すべき性質は・・・むしろ理念を示す。すなわち、運動としての理念がどのように現象するか、というように理念を示している。そしてこの運動は、思考による把捉である。」
となります。

(初出 2014-11-6, v. 1.3.)
(目次)


137 ページ、上 12 - 13 行: M. 42. / S. 57.

★ 元の訳:
 ・・・形式的思考はそれ自身が自己であり・・・

◆ 原文:
 
. . . das räsonierende Denken selber das Selbst ist, . . .

☆ 拙訳:
 ・・・理屈ばかりをいう思考は・・・この思考自体が自己であり・・・

◇ 拙訳の理由:
 元の訳では das räsonierende Denken が、「形式的思考」となっています。しかし、135 ページ、下 13, 20 行などでは
räsonieren は、「論証を事とする」と訳されています。そこで、上記の「形式的思考」は、「論証を事とする思考」を書き誤ったものでしょう。なお、「形式的思考」と「論証を事とする思考」は同じですので、内容的には変わりません。

(初出 2014-11-16, v. 1.1.)
(目次)


137 ページ、下 4 - 7 行: M. 43. / S. 57.

★ 元の訳:
 それ [=静止的主語] は区別と内容とのなかへ入ってゆき、むしろ自分が、規定、すなわち区別された内容となってしまう。同時にそれは、内容の運動に対立したままでいるのでなく、むしろ自分がその運動をしてゆく。

◆ 原文:
 
Es [= das ruhende Subjekt] geht in die Unterschiede und den Inhalt ein, und macht vielmehr die Bestimmtheit, das heißt, den unterschiedenen Inhalt wie die Bewegung desselben aus, statt ihr gegenüberstehen zu bleiben.
1807年のオリジナル版とマイナー社の哲学文庫版では、上記のように
gegenüberstehen zu bleiben となっています。しかし、ズーアカンプ版では gegenüber stehenzubleiben です。gegenüberstehen という動詞は現代の辞典にも記載されており、今も使われている語です。したがって、ズーアカンプ版がこの部分を現代表記にしたというのではなく、同版の誤記だと思われます)。

☆ 拙訳:
 静止した主語は、区別や内容のうちへと入っていき、むしろ規定性を形成するのである。すなわち、内容の運動に向きあったままでいるのではなく、むしろ内容の運動のような区別ある内容を形成する。

◇ 拙訳の理由:
(1) 元の訳では、「区別された内容(den unterschiedenen Inhalt)」と「内容の運動(die Bewegung desselben)」とを「同時に」で結合したため、両者が別々のものであるかのようです。
 しかし原文では、両者は接続詞
wie で結合されています。この wie は類似「~のような」を表すと思います。「後者のような前者」の意味でしょう。つまり、内容が運動をすることによって、内容のもつ規定はそのつど変わります。それがすなわち、「区別された内容」ということです。
  なお、接続詞
wie には「~したとき。~するとすぐに」という時をあらわす意味もあります。しかしこの場合には、小学館『独和大辞典 第 2 版』と相良守峯『大独和辞典』の例文では、wie のあとに副文が続いています。

(2) 引用原文中の gegenüberstehen は、「対立する」ではなく、「向きあう」だと思います。といいますのは――
 この「内容の運動に
gegenüberstehen」 しているということで言及されているのは、すこし前に出てきている「理屈ばかりをいう思考(das räsonierende Denken)」 (*1)の場合です。この場合には、「この [静止した] 主語が基底となって・・・それの上で運動が往ったり来たり」します(137 ページ、上 17-18 行。M. 42. / S. 57.)。するとこのとき、主語と「往ったり来たり」する運動とは、「対立」しているのではなく、主語は運動といわば「向きあって」いるのです。
 (「対立」という用語は、向きあい・並立・対置なども含んで使用されている、という考えもあるのかもしれません。しかしもしそうであれば、それは業界用語(ジャーゴン)としての用法であり、一般的には使用すべきでないでしょう)。

----------------------------------------------------------
(*1) なお元の訳では「形式的思考」となっています(137 ページ、上 12-13 行。M. 42. / S. 57.)。

(初出 2014-11-6, v. 1.2.)
(目次)


137 ページ、下 17 - 19 行: M. 43. / S. 58.

★ 元の訳:
 したがって、内容は、実はもはや主語の述語ではなく、まさに実体なのであり、主語として問題になっていた当のものの本質であり概念なのである。

◆ 原文:
 
Der Inhalt ist somit in der Tat nicht mehr Prädikat des Subjekts, sondern ist die Substanz, ist das Wesen und der Begriff dessen, wovon die Rede ist.

☆ 拙訳:
 そこで内容となっているのは、じっさいもはや主語につく述語ではなく、[主語の] 実質なのであり、[主語として] 問題になっていることの本質や概念である。

◇ 拙訳の理由:
 
Substanz (substantiell) の語は、
・101 ページ、上 9 行(M. 18./ S. 23.)から 133 ページ、上 16 行(M. 40./ S. 54.)までは、「実体(実体的)」の意味でしたが、
・この 137 ページ、下 18 行(M. 43./ S. 58.)からは、また「実質(実質的)」になったと思います。
 といいますのは、ここでは哲学的な命題のあり方について述べられていますが、 die Rede (問題になっているもの)は、哲学的な主語であればよく、なにも「実体(スピノザ的な)」である必要はないからです。

(初出 2014-11-11, v. 1.0.)
(目次)


138 ページ、上 9 - 13 行: M. 43. / S. 58.

★ 元の訳:
 そして、述語だと思われていたものが、一つの全体をなす自立的な実質になっているのであるから、思考は自由に動きまわることができず、この重みで引きとめられるのである。

◆ 原文:
 
. . . und indem so das, was Prädikat zu sein scheint, zur ganzen und selbständigen Masse geworden, kann das Denken nicht frei herumirren, sondern ist durch diese [= der Masse] Schwere aufgehalten. 

☆ 拙訳:
 そこで、述語であるように見えるものが、自立した全体的な質量となっているので、[表象による] 思考は自由にさまよい歩くことはできず、この [質量がもつ] 重力のために引き止められている。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳の、「思考は自由に動きまわることができず、この [=実質 [
Masse] の] 重み [Schwere] で引きとめられる」という表現は、奇妙です。思考の上に実質が乗りかかってくる、とでもいうのでしょうか? この Schwere は「重力」の意味で、Masse は「質量」だと思います。(ただし、比喩的に使われています。)

 若きヘーゲルは、ニュートン物理学を勉強し、ゲーテの光学研究を批判し、自らもささやかながら何やら実験めいたことをしている(しかしこれ、下宿屋の自室でしたのでしょうか? 「大家さ~ん、隣のヘーゲルさんの部屋から――」)、科学青年でした。哲学論文に光学用語(
Reflexion)や物理学用語を散りばめるその鋭気を、ケレンミはあるにせよ、私たちは賞すべきなのかもしれません。

(初出 2014-11-19, v. 1.1.)
(目次)


138 ページ、上 14 行 - 下 3 行: M. 43. / S. 58.

★ 元の訳:
 一般に、最初は、主語としての主体が、対象的な固定した自己として根柢に置かれている。ここから出発して、必然的に、さまざまな規定や述語が交替する場面へ運動してゆく。ここではじめの主体にかわって、知る自我そのものが登場してくる。そしてそれが、述語どうしを結びつけ、それらを支える主体となる。しかし、あの最初の主体が・・・したがって第二の主体・・・第一の主体とは・・・だからこの第二の主体は・・・

◆ 原文:
 
Sonst ist zuerst das Subjekt als das gegenständliche fixe Selbst zu Grunde gelegt; von hier aus geht die notwendige Bewegung zur Mannigfaltigkeit der Bestimmungen oder der Prädikate fort; hier tritt an die Stelle jenes Subjekts das wissende Ich selbst ein, und ist das Verknüpfen der Prädikate und das sie haltende Subjekt . . . aber jenes erste Subjekt . . . das zweite Subjekt . . . jenes . . . es . . .

☆ 拙訳:
 つまり、まず主語が固定された対象的な自己として、基礎に置かれている。この主語から、多様な諸規定にむけての、すなわち多様な諸述語にむけての必然的な運動が進んでいく。そしてここで、この主語の代わりを、知る [という活動をする] 自我自身がつとめることになる。[いまや] この知る自我が、諸術語を結びつけるのであり、またそれらを維持する主語 [の役をするの] である。
 しかし、あの最初の主語が・・・第 2 の主語・・・最初の主語・・・第 2 の主語は・・・

◇ 拙訳の理由:
(1) 引用原文冒頭の
sonst ですが、元の訳のように「一般に」という意味ではなく、「つまり(言いかえれば)」という意味だと思います。と言いますのは、
 (
i) ここまでに登場してきているのは、「論証を事とする形式的思考」、「概念把握的思考」、「表象的な思考」(いずれも元の訳。以下同じ)の 3 つです。なお、「表象的な思考」は、「表象から表象へと辿(たど)りながら考える日常の習慣」とも言われています(135 ページ、下 11行: M. 41./ S. 56.)。これら 3 つ以外のものが、この sonst から突然に論述の対象になったとは思われません。

 (ii) これまで論じられていた「表象的な思考」についての内容と、
sonst 以下の記述は、よく似ています。すなわち(以下は、<表象的な思考 ―― sonst 以下の記述>の順):
・主語がいつも根柢をなしている(138 ページ、上 5 - 6 行) ―― 最初は、主語・・・が・・・根柢におかれている(138 ページ、上 14 - 15 行)
・偶有性や述語のあいだを辿(たど)って進 [む] (137 ページ、下 20 - 21 行) ―― さまざまな規定や述語が交替する場面へ運動してゆく(138 ページ、上 16 - 17 行)
・主語が述語になってしまい・・・(138 ページ、上 8 行) ―― 主体 [じつは主語のことです] が・・・それら [=諸規定=諸述語] の魂となっている(138 ページ、上 20 - 21 行)
・思考は自由に動きまわることができず、この [=述語の] 重み [じつは重力] でひきとめられる(138 ページ、上 11 - 12 行) ―― 第二の主体 [じつは主語]、すなわち知る主体 [じつは知る主語で、知る自我のこと] は・・・それがまだ述語の中にあるのを見出す(138 ページ、上 21 行 - 下 3 行)

 (iii) したがって、
sonst 以後の記述は、その直前の「表象的な思考」を、より詳しく説明しなおしたものです。そこで、sonst の意味としては、「つまり」が妥当しそうです。

 (iv) なお、「論証を事とする形式的思考」の方は、
sonst 以後の記述とは関係ないでしょう。といいますのは、
   (
a) そのような思考は、そもそも形式的ですから「内容から自由であり」(135 ページ、下 21 行)、「内容を好き勝手に動かす原理であろうと」するのであって、上記 (ii) のような事態とは様子がことなります。

   (
b) なるほどそのような思考においても、「主語が基底となっている」ことに変わりはありませんが、「それ [=主語] の上で [述語などの] 運動が往ったり来たりする」(137 ページ、上 18 行)だけであって、主語が述語になっている状況には直面しません。

 (iv) ところが、
sonst 以下の説明の最後のほうに、「思量し論証することを仕事とすべきではなく・・・」という語句があるため、やはり「論証を事とする形式的思考」についてもヘーゲルは述べていたのではないか、と思いがちです。しかし、この Räsonieren (思量し論証すること)は、「形式的思考(das räsonierende Denken, じつは理屈ばかりをいう思考)」(137 ページ、上 12 - 13 行: M. 42./ S. 57.)の räsonierende とは異なり、より一般的な意味――すなわち具体的には、「第一の主体 [じつは主語のこと] に附け加わえるべきはこの述語がそれともあれかと、思量し論証する」(138 ページ、下 4 - 5 行: M. 43./ S. 58.)という意味――だと思います。
 この辺、
・ヘーゲルはいつもながらの紛らわしい書き方をしたのか(つまり、その場その場で意味が通ればよいという)、
・あるいは、「表象的な思考」も結局は「論証を事とする形式的思考」と同じ穴のムジナだと考えていたのか、
よくは分かりませんが。

(2) この箇所での
Subjekt を、元の訳は、「主語=主体」ないしは単独の「主体」の意味にとっています。しかし、これらの Subjekt はすべて「主語」だけの意味で書かれていると思います。
 (
i) まず、zuerst das SubjektSubjekt は、ヘーゲル的な主体、すなわち生成発展する概念(的思考)ではありません。といいますのは、
  (
a) この Subjekt は「対象的な固定した自己」(元の訳。以下同じ)であり、「固定」しているのですから、ヘーゲル的な主体ではありません。

  (
b) そしてやがてこの Subjekt にとって代わる「知る自我そのもの」も、この引用箇所の後の文によれば、「第一の主体 [「主語」のこと] に附け加えるべきはこの述語かそれともあれかと、思量し論証」するのであり、また、そのように「自分だけで反省的にあるべきではなく、内容の自己と共にあるべきである」とヘーゲルから注意も受けているのですから(138 ページ、下 4 - 9 行:M. 43./S. 58f.)、これまたヘーゲル的主体などではありません。 

 むろん、この
Subjekt から「必然的に、さまざまな規定や述語が交替する場面へ運動してゆ」きはします。しかし、この運動はヘーゲル的主体のもつ運動ではなく、137 ページ、上 18 行(M. 42./S. 57.)に出ている「運動」に相当します。すなわち、「形式的思考(das räsonniierende Denken. 率直な訳は「理屈ばかりいう思考」)」の場合の「運動」にすぎないのです。その部分を、引用しますと:
 「この思考による肯定的な認識の場合には・・・主語が基底となって、それに内容が結びつけられ、それの上で運動が往ったり来たりする」(137ページ、上 14 - 18 行:M. 42./S. 57.)。

 (
ii) したがって、die Stelle jenes Subjekts (この Subjekt の代わり)の Subjekt も、「主語」だけの意味です。

 (
iii) なお、an js. Stelle eintreten は熟語で、「或人の代理を勤める」(相良守峯『大独和辞典』の eintreten の項目、I, 1)の意味です。したがって、「知る自我そのもの」はたんに「登場してくる(tritt . . . ein)」(元の訳)のではなく、「(主語の)代わりをつとめる」という意味です。

 (
iv) das sie haltende Subjekt Subjekt は、直後の文中で、「第 2 の(das zweiteSubjekt」と言い換えられています。「あの最初の(jenes ersteSubjekt」が、上記 (1), (2) より「主語」だけの意味ですので、2 番目の方も(すなわち、das sie haltende Subjekt Subjiekt も)、論理的に当然「主語」だけの意味です
 そこで引用原典の最後の文は、直訳すれば「この知る自我が・・・それらを維持する主語である」ですが、こなれた訳としては「主語 [の役をしているの] である」となります。

 (
v) この後の jenes erste Subjekt, das zweite Subjekt, jenes, es なども、上記 (i) ~ (iv) より、すべて「主語」の意味です。

(初出 2014-11-9, v. 1.2.)
(目次)


138 ページ、下 3 - 9 行: M. 43. / S. 58f.

★ 元の訳:
 だからこの第二の主体は、もはや、述語が運動する中で第一の主体に附け加えるべきはこの述語がそれともあれかと、思量し論証することを仕事とすべきではなく、むしろ、進んで内容そのものの自己を問題にしなければならない。言いかえれば、自分だけで反省的にあるべきではなく、内容の自己と共にあるべきである。

◆ 原文:
 
. . . . . . und statt in dem Bewegen des Prädikats das Tuende – als Räsonieren, ob jenem dies oder jenes Prädikat beizulegen wäre – sein zu können, hat es vielmehr mit dem Selbst des Inhalts noch zu tun, soll nicht für sich, sondern mit diesem zusammen sein. 

☆ 拙訳:
 ・・・そして [このとき] 第 2 の主語は、述語の動きに関してあれこれの述語を最初の主語に添えるべきかどうかを論じる理屈屋として、振るまうことができることよりも、むしろ内容の自己とかかわらねばならないのである。また、自分だけでいるのではなく、内容の自己とともにあらねばならない。

◇ 拙訳の理由:
(1) 元の訳の「第二の主体(
es)」と「第一の主体(jenem)」の「主体」が、「主語」であるべきことは、「138 ページ、上 14 行 - 下 3 行」の 「◇ 拙訳の理由」 (2), (v) で述べたとおりです。

(2)
"tun als . . . " tun は自動詞で、「振るまう」の意味です。したがって、引用原文中の das Tuende – als . . . は、元の訳のように als 以下を「仕事とす」るという意味ではなく、「als 以下として振るまう」になります。

(3) 元の訳の、「反省的に」という語句は不要だと思います。für sich
だけをもって、「反省的」の意味まで付加するのは、牽強付会でしょう。なお、この für sich については、こちらの「● ヘーゲルの用法 (1)」を参照ください。

(初出 2014-12-10, v. 1.1.)
(目次)


138 ページ、下 13 - 16 行: M. 43. / S. 59.

★ 元の訳:
 はじめの命題は運動していって同一性命題にゆきつき、それに突きあたって、あの主語と述語との関係は衝撃をうけるのである。

◆ 原文:
 
. . . der identische Satz, zu dem der erstere [= das Urteil oder der Satz überhaupt] wird, den Gegenstoß zu jenem Verhältnisse enthält.

☆ 拙訳:
 ・・・判断・命題 一般から生成する同一性命題は、主語と述語の区別という状態を押しもどすことを含んでいる。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳では、「はじめの命題」が同一性命題に「ゆきつき、それに突きあたって」となっています。しかし、原文は「はじめの命題」が同一性命題に「なる(
wird)」としか書かれていません。すなわち原文に即せば、Gegenstoß (衝撃。拙訳では「押しもどすこと」)は、元の訳のように 2 つの命題(はじめの命題と同一性命題)が「突きあたっ」た結果生じるのではなく、同一性命題が Gegenstoßを含んでいる(enthält)ために生じます。
 つまりヘーゲルの考えを、推測していえば――
 「A は B である」という判断ないし命題一般においては、主語 A と述語 B には内容的な区別があります(区別がなければ、A = A のトートロジーとなり、命題として無意味)。しかしこれを思弁的に解せば、つまりヘーゲル的「思弁的命題」(138 ページ、下 13 行: M. 43. / S. 59.)だとしますと、<A は B である>ことによって「A = B」という同一性命題になります。したがって、区別があるという主語 A と述語 B との最初の状態は、押しもどされて、区別が無くなっています。

(初出 2014-12-11, v. 1.2.)
(目次)


138 ページ、下 20 -139 ページ、上 2 行: M. 43f. / S. 59.

★ 元の訳:
 そのように哲学の命題においても、主語と述語との同一性が、命題の形式にあらわれている両者の区別を、なくしてしまってはならないのであって、両者の統一が調和として生まれてくるのでなければならない。

◆ 原文:
 
So soll auch im philosophischen Satze die Identität des Subjekts und Prädikats den Unterschied derselben, den die Form des Satzes ausdrückt, nicht vernichten, sondern ihre Einheit [soll] als eine Harmonie hervorgehen.
 (引用原文中の「[
soll]」は、ズーアカンプ社版にしたがって挿入しました。 )

☆ 拙訳:
 そこで哲学的な命題においても、主語と述語との同一性は、命題という形式が表している両者の区別を無くしはしないのであって、むしろ両者の統一が、調和として生じてくるのである。

◇ 拙訳の理由:
 原文中の
soll の意味ですが、元の訳では「~しなければならない」にとっています。しかし、「~のはずである」だと思います(拙訳では、「のはずである」を意訳して、「のであって」「のである」という強調した言い方にしています)。といいますのは、
(1) 主語と述語の同一性のアナロジーである「拍のきざみ(
Metrum)」(元の訳。以下同じ)は、両者の区別のアナロジーである「アクセント(Akzent)」と、「相克(Konflikt)」はしても、無くすことはことの性質上ありえないからです。そもそも「リズムは、この両者のあいだの浮動する中間と合一から生まれて」きます(138 ページ、下 18 行 - 20 行: M. 43./ S. 59)。
 そこで、主語と述語の場合も、同一性が区別をなくすという事態はありえないはずです(
sollen)。

(2) もしも、<主語と述語との同一性が、命題の形式にあらわれている両者の区別を無くすおそれがあるが、無くしてはならない>というのであれば、では無くさないためにはどうすればよいのか、といったことがふつうは書かれねばなりません。しかし、そうしたことへの言及はありません。

(初出 2015-1-2, v. 1.1.)
(目次)


139 ページ、上 4 - 13 行: M. 44. / S. 59.

★ 元の訳:
 それに対し、述語が実体をあらわし、主語そのものは一般的なものになっているという事態は・・・
 ・・・たとえば「神は存在である」という命題において、述語は「存在」である。この述語はそれ自身、実体としての意義をもっており、そのなかで主語は溶解する。なぜなら、存在は、ここでは述語としてあるものではなく、問題になっている当の実在だからである。

◆ 原文:
 
. . . dass aber das Prädikat die Substanz ausdrückt, und das Subjekt selbst ins Allgemeine fällt, . . .
 . . . so ist in dem Satz: Gott ist das Sein, das Prädikat das Sein; es hat substantielle Bedeutung, in der das Subjekt zerfließt. Sein soll hier nicht Prädikat, sondern das Wesen sein.


☆ 拙訳:
 ・・・そして、述語が実質を表し、主語自体は普遍的なものに属するということ・・・
 ・・・「神は存在である」という命題において、述語は「存在」という語である。この述語は実質的な意味をもっており、この意味のうちで主語は溶解する。そのような<存在>は、ここでは述語ではなく、[主語の] 本質のはずである。

◇ 拙訳の理由:
 混乱しないために、最初から確認していきますと――
(1) 原文中の
Substanzsubstanziell は、元の訳では「実体」と「実体としての」になっていますが、「実質」と「実質的」で十分意味が通じます。「実体は主体である」における実体、あるいはスピノザ的実体を、主語と述語関係を論じた命題論(判断論)のこの箇所で、ヘーゲルが直接持ちだしてくるとはちょっと考えられません。

(2) 原文中の
Wesen が、元の訳のような「実在」ではなく、「本質」であることは、「全般的な注意点 (1)」を参照ください。

(3) Sein soll hier . . . 以下の文は、前の文とは接続詞では結ばれていませんが、元の訳では「なぜなら」で結んでいます。つまり、後の文が前の文の理由を述べているようになっています。
 しかし、これは強引で、後の文は前の文からふつうに続いてきたと、訳文に接続詞を入れるとすれば「そして」だと、まずは考えるべきでしょう。さらに私見では、後の文は前の文の結果だろうと思います。なぜなら、
 (i) まず、引用原文の最後の文中の das Wesen (本質)は、「主語の本質」です。そうであることは、この後で、
・「述語自体が、主語として・・・また主語のもつ性質を尽くしているところの本質として言い表されている」(拙訳。元の訳では 139 ページ、上 20 行 - 下 2 行: M. 44./ S. 59)だとか、
・「『現実的なものは、普遍的なものである』と言われるときも・・・[述語の位置にある] 普遍的なものは、[主語の] 現実的なものの本質を表さずにもおかない」(拙訳。元の訳では 139 ページ、下 8 - 14 行: M. 44./ S. 60.)とあることから分かります。
・なお、元の訳が
das Wesen を「問題になっている当の実在」と訳しているのは、これより前に「主語として問題になっていた当のものの本質(das Wesen)」(137 ページ、下 18 - 19 行: M. 43./ S. 58.)という箇所があるからでしょう。
 しかしその箇所では、「概念把握的思考」(137 ページ、上 19 行)においての命題の「内容」という一般論がなされており、いま問題にされているような、具体的な命題に即しての議論ではありません。また、その箇所とは、1 ページ半も離れています。そこで、直接その箇所を受けているとは考えられません。

 (ii) ではなぜ、述語の位置にある<存在>が、「[主語の] 本質」(拙訳。以下も同じ)になるという結果が生じるのかといいますと、それは直前の文にあるように、「(述語の)意味のうちで主語は溶解する」からです。むろん、命題という形式(「主語は述語である」)によって、「普遍的なもの」にすぎない主語がたんに述語へと場所の移動をおこない、述語と一体化する(述語のうちで溶解する)だけであれば、「本質」にまではならないでしょう。しかし、「述語は実質的な意味をもって」いる、つまり、述語は規定された語であるということが前提にあるため、「主語の本質」たりえるのです。
(ちなみに、「人間は散髪をする」などは命題ではあっても、偶然的・非本質的な述語をもっているため、哲学的命題とはいえず、当然ヘーゲルの視野にはありません。)

(3) なお、
das Prädikat の後の das Seindas がイタリック体であることの意味、
das Sein を、「『存在』という語」と訳出したこと、
Sein soll Sein は、ふつうの活字体であること(ズーアカンプ版ではイタリック体)、
・拙訳<存在>の< >の意味、
などにつきましては、拙訳の『精神の現象学』の「序文」で、「のはずである」を検索していただき、その直後にある訳注(訳注番号はまだ仮番号で、今後も変更され(つづけ)ます)を参照して下さい。

(初出 2014-12-13, v. 1.2.)
(目次)


139 ページ、上 16 - 下 2 行: M. 44. / S. 59.

★ 元の訳:
 そのさい思考は、主語から述語へ移ってさらに進んでゆくわけではなく、むしろ、主語が失われたことにおいて、自分の進行が阻止されたのを感ずる。そして、主語がそれであった主体を求めて、主体の思想へと投げかえされる。ところが他方、述語そのものが、主体として、存在なるものとして、実在として言い表わされ、主語であったものの本性がそこに汲みつくされているのであるから、思考は、求める主体がまさに述語のなかに直接あるのを見いだす。

◆ 原文:
 
Das denken, statt im Übergange vom Subjekte zu Prädikate weiterzukommen, fühlt sich, da das Subjekt verlorengeht, vielmehr gehemmt, und zu dem Gedanken des Subjekts, weil es dasselbe vermisst, zurückgeworfen; oder es findet, da das Prädikat selbst als ein Subjekt, als das Sein, als das Wesn ausgesprochen ist, welches die Natur des Subjekts erschöpft, das Subjekt unmittelbar auch im Prädikate;

☆ 拙訳:
 思考の方は、主語から述語へと移行するのではなく、主語がなくなるものだからむしろ阻止されるように感じるし、また主語を失ったがために、主語への思いに引きもどされるように感じる。すなわち、述語自体が主語として、[述語である] 「存在」という語として、また主語のもつ性質を尽くしているところの本質として言い表されているのだから、思考は主語をじかに述語のうちにも見いだすのである。

◇ 拙訳の理由:
 この箇所は文意の取りにくいところですが、前から順に見ていきたいと思います。
(1) 元の訳では、「主語から述語へ移ってさらに進んでゆくわけではなく」となっています。つまり、<主語から述語へは移った>という訳になっています。しかし、原文は「(主語から述語への)移行のうちで前進する(
weiterkommen, 小学館『独和大辞典 第 2 版』)ことなくして」です。すなわち、「思考」は主語から述語へ移らず、「阻止されるように感じる」(拙訳)のです。どういうことかといいますと――
 なるほど命題そのものは、「主語は述語である」という形式になっており、そこでは主語は述語ですから、主語は述語になっています、あるいは述語へと移行しています。
 一方、命題を理解しようとする思考は、最初に主語のたとえば「神」に出あいます。次にそれは「存在」であるということで、「存在」と遭遇します。ところが「神」と「存在」はまったく別の事がらですから、前者から後者には移りようがなく、途中で「阻止されるように [、まずは] 感じる」わけです。

(2) 元の訳の「[思考は、] 主語がそれであった主体を求めて、主体の思想へと投げかえされる」は、突然「主体」を登場させたりして、おかしな意訳となっています。この部分の
 zu dem Gedanken des Subjekts, weil es dasselbe vermisst, zurückgeworfen

を直訳すれば:
 「思考(es)は、主語を見失ってさみしいので――といいますのは、思考は「神」を対象としていたのに、急に「存在」に代えられてしまい、その結果「神」がいなくなってしまったのです――、主語への思い(
Gedanke)に引きもどされる」
 (なお、
zurückwerfen (← zurückgeworfen)を「投げかえす」と訳すのは、いささか乱暴です。「押し戻す。逆戻りさせる」(小学館『独和大辞典 第 2 版』の zurückwerfen の項目、1, c)という訳語もあります。文例には:
 
Der Herzanfall hat den Patienten zurückgeworfen. 「この心臓発作のため、患者の回復は遅れた」。)

(3) その後の
oder は、元の訳のように「ところが他方」と話題を変えたのではなく、同じ話題をより詳しく述べるための「すなわち」だと思います。といいますのは、「思考は・・・主語を失ったがために、主語への思いに引きもどされるように感じる。すなわち・・・思考は主語をじかに述語のうちにも見いだす」と続いていくからです。

(4) 副文: da das Prädikat selbst als ein Subjekt, als das Sein, als das Wesn ausgesprochen ist ですが、
 (i) ein Subjekt は、元の訳のような「主体」の意味ではなく、「主語」です。つまり、
・すこし前に「その [=述語のもつ意義の] なかで主語は溶解する」(139 ページ、上 11行: M. 44./ S. 59.)と言われていますし、
・命題の形式は「主語は述語である」ですので、
「述語自体が、主語として・・・言い表されている」となります。
 また、Subjekt が「主体」の意味だとしますと、抽象名詞ですので ein Subjekt ではなく、das Subjekt でなくてはなりません。

 (ii) das Sein ですが、「存在なるもの」ではなく、「[述語である] 存在という語」の意味です。といいますのは、定冠詞がイタリック体の
das Sein は、すでに das Prädikat [ist] das Sein において出てきているからです。(なお、この文の訳は「述語は『存在』である」でもいいのですが、
(
a) この後で、「存在は、ここでは述語としてあるものではなく」(139 ページ、上 11 - 12 行: M. 44./ S. 59.)とも言われており、混乱するといけませんし、
(
b) das Sein が、直前の命題中の das Sein を受けていることは明瞭なので、
拙訳では「述語は『存在』という語である」にしています)。
 したがって、ヘーゲルはここで「述語自体が主語として、[述語である] 『存在』という語として」と述べて、まずは命題形式の範囲内での議論をしているわけです。

 (iii) その後の das Wesen Wesen がイタリック体なのは、この
Wesen が以前の文: Sein soll hier . . . das Wesen sein.「<存在>は、ここでは・・・[主語の] 本質のはずである」(拙訳。元の訳では、139 ページ、上 11 - 13 行: M. 44./ S. 59.)における das Wesen を受けているからです。

(初出 2014-12-14, v. 1.2.)
(目次)


139 ページ、下 3 - 5 行: M. 44. / S. 59.

★ 元の訳:
 したがっていまや思考は、述語との関係で自分のうちへ戻って自由に論証を事とする立場をとるかわりに・・・

◆ 原文:
 
. . . und nun, statt dass es im Prädikate in sich gegangen die freie Stellung des Räsonierens enthielte . . .

☆ 拙訳:
 そして今や思考は、述語において考えて理屈ばかりを言うような、自由な立場をとるのではなく・・・

◇ 拙訳の理由:
(1) im Prädikate が、元の訳ではあいまいに(あるいは、不適切に)「述語との関係で」となっています。しかし
im なのですから、「述語において(述語のうちで)」と訳出すべきでしょう。

(2) in sich gehen は熟語で、「考えこむ」の意味です(相良守峯『大独和辞典』の
gehen の項目、I, 17)。「自分のうちへ戻」るという意味で、ヘーゲルが動詞 gehenzurückgehen ではなく)を使ったことは、おそらく無かったのではないかと思います。

(初出 2015-7-14, v. 1.1.)
(目次)


139 ページ、下 8 - 9 行: M. 44. / S. 59f.

★ 元の訳:
 また別の例としては、「現実的なものは一般的なものである」といわれる場合・・・

◆ 原文:
 
So auch wenn gesagt wird, das Wirkliche ist das Allgemeine, . . .

☆ 拙訳:
 また、「現実的なものは、普遍的なものである」と言われるときも・・・

◇ 拙訳の理由:
(1) ここでは、Wirkliche Allgemeine がイタリックになっているのですから、この2 語が強調されていることを示す必要があります。ヘーゲルが、元の訳のように、「現実的なものは一般的なものである」という文を引用として地の文から区別したかったのであれば、 das ist das の部分もイタリックにしたでしょう。たとえば、
Gott ist das Sein 「神は存在である」では、すべての語がイタリックになっています(139 ページ、上 8 - 9 行: M. 44. / S. 59.)。

(2) 例として挙げられた das Wirkliche ist das Allgemeine は、前に出てきた「神は存在である」(139 ページ、上 8 - 9 行: M. 44. / S. 59.)と同様、哲学的命題なのですから、das Allgemeine は元の訳のように「一般的なもの」と訳すのではなく、「普遍的なもの」とすべきだと思います。つまり、<個と普遍>における普遍です。
 ちなみに、現実性というものを個別的なもの(現存・実存するもの)に見るか、普遍的なもの(悪く言えば抽象物)に見るかは、哲学の永遠のテーマです。(具体的普遍などという便利な言葉もありますが)

(初出 2015-1-3, v. 1.0.)
(目次)


139 ページ、下 10 - 15 行: M. 44. / S. 60.

★ 元の訳:
 ここで「一般的なもの」というのは、述語としての意義しかもたないのではない。すなわち、この命題は、現実的なものは一般的だといっているのではない。そうではなくて、一般的なものが現実的なものの実在を表し、現実的なものの本質が一般的なものとして現われる、というのである。

◆ 原文:
 
Das Allgemeine soll nicht nur die Bedeutung des Prädikats haben, so dass der Satz dies aussagte, das Wirkliche sei allgemein, sondern das Allgemeine soll das Wesen des Wirklichen ausdrücken.

☆ 拙訳:
 普遍的なものは、述語の意味をもっている――したがってこの命題は、<現実的なものは、普遍的である>ことを言表している――だけではなく、普遍的なものは、現実的なものの本質を表さずにもおかないのである。

◇ 拙訳の理由:
(1) das Allgemeine は、「一般的なもの」というより「普遍的なもの」と訳すべきであることは、「139ページ、下 8 - 9 行」の「◇ 拙訳の理由」 (2) で述べたとおりです。

(2) 元の訳では、「この命題は、現実的なものは一般的だといっているのではない」となっています。しかし、文意は「~だといっているだけではない」です。
 といいますのは、「普遍的なものは、述語の意味をもっている」(拙訳。以下同じ)ことを説明した文が、
so dass ではじまる副文:「この命題は、<現実的なものは、普遍的 [すなわち述語] である>ことを言表している」だからです。
 したがって、「述語の意味」に懸っていく
nicht nur (~だけではなく)は、副文:「この命題は・・・言表している」にも懸ります。
 また実際問題として、「現実的なものは、普遍的なものである」という命題が、<現実的なもののは、普遍的である>ということを言表していないと主張するのは、不可能です。

(3)
nicht nur . . . sondern auch という熟語では、sondern あるいは auch はよく省略されます。この箇所では、sondern の後に auch (~もまた。~をも)が省略されています。しかし、元の訳では訳出されてないので、原文とは文意がすこし違ってきています。

(4) 元の訳は、
Wesen を「実在」にしています。しかし、全般的な注意点 (1)で述べたように、「本質」とすべきでした。この箇所では、その無理がたたったようです。つまり――
 元の訳では sondern das Allgemeine soll das Wesen des Wirklichen ausdrücken を、「そうではなくて、一般的なものが現実的なものの実在を表し」と訳しています。しかしこの訳では、意味をなしません。たとえば、「木(というもの)」や「存在」といった一般的なもの(=抽象的概念)が、眼前の具体的な木の「実在(現実存在を)」を表す、となってしまうのですから。
 そこで、元の訳者もこれではまずいと思ったのか、
Wesen を「本質」と訳した上で、補足説明として「現実的なものの本質が一般的なものとして現われる」という文を、付加しています。しかしこの付加文は、原文:「[元の訳風に訳出すると] 一般的なものが、現実的なものの本質を表す」の主語と述語をひっくり返した文となっており、これはこれで頂(いただ)けません。

(初出 2015-1-4, v. 1.4.)
(目次)


139 ページ、下 16 - 140 ページ、上 2 行: M. 44. / S. 60.

★ 元の訳:
 そこで思考は、主語としての主体において対象的にもっていた固定した地盤を失い、同時に、述語において主体のほうへ投げかえされる。そしてこの述語において思考がかえってゆくのは、もはや自分のなかへではなく、内容の主体ヘである。

◆ 原文:
 
Das Denken verliert daher so sehr seinen festen gegenständlichen Boden, den es am Subjekt hatte, als es im Prädikate darauf zurückgeworfen wird, und in diesem nicht in sich, sondern in das Subjekt des Inhalts zurückgeht.

☆ 拙訳:
 したがって思考は、主語においてもっていたところの、対象に関する固定的な地盤をなくし、そのため思考は述語において主語へと引きもどされ、述語において自分のうちにではなく、内容上の主語のうちへと戻っていく。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳では
Subjekt を主語と主体の二様の意味にとっています。そして、この場合の主体とは、「実体は主体である」における主体でしょう。しかしここでは、主語だけの意味にとるべきだと思います。といいますのは、
(1) この箇所の近辺では、主体ということには言及されておらず、主体そのものが話題とはなっていません。そして、主語だけの意味にとれば、文意が明確になります。

(2) ヘーゲルの「実体は主体である」というテーゼにおける「主体」とは、主体的(つまり、自立的な自己展開の)運動であって、なにか主体的な物があるのではありません。そこで、このテーゼの実例としてここでの<主語‐述語>命題論を解釈するとすれば、主語から述語への移行がおきて、その後主語へ引きもどされるという運動・事態が、「主体(=主体的運動)」になります。
 したがって、元の訳の「主語としての主体において」とか「述語において主体のほうへ投げかえされる」、「思考がかえってゆくのは・・・内容の主体ヘである」といった表現は、奇妙でおかしなものに思えます。

(3) das Subjekt des Inhalts というのは、元の訳のように「内容の主体」ではなく、「内容(上)の主語」という意味でしょう。つまり、
 (i) まず思考は、文法的な主語から――つまり、「命題における位置によってそうであった」(139 ページ、上 14 行: M. 44./ S. 59.)主語から――、述語へと移行します。

 (ii) 次いで、思考は主語へと引きもどされますが、しかしこのときの主語は (i) での文法上の主語ではなく、内容上の主語だというわけです。すなわち、内容(たとえば、「現実的なものは、普遍的なものである」という事態。一般的には、主語=述語の事態)の主語(述語と、「主語=述語」という関係をもった主語)なのです。

(初出 2015-1-9, v. 1.1.)
(目次)


140 ページ、上 10 - 11 行: M. 44. / S. 60.

★ 元の訳:
 この非難には斬捨(きりす)て御免のようなところがあり・・・

◆ 原文:
 
-- ein Vorwurf, der etwas Ungebührliches und Letztes enthalten soll, . . .

☆ 拙訳:
 なにか不穏当で最終的なものを含ませているような非難・・・

◇ 拙訳の理由:
 この「非難」というのは、すぐ前で書かれているところの、哲学の著作に対する「くりかえして読まないとわからない箇所が多いという、まことにはっきりした非難」(元の訳)のことです。しかしこう非難しただけで、「斬捨て御免のよう」だとまで評するというのは、いささか大げさな意訳でしょう。
 字義通り訳出しても、十分文意にかなうと思います:
(1) Ungebührlich は、「不適当な。不穏当な。無作法な」の意味であり、

(2) Letzt は、この場合「最終(通告)的な」でしょう。

(3)
enthalten は、「含む。持つ」ですが、

(4)
soll が問題です。この sollen は、「漠然たる他人の意図を示して」いるのだと思います(相良守峯『大独和辞典』の sollen の項目、8)。つまり、「くりかえして読まないとわからない」と非難する人(=他人)は、その非難に「不穏当なものや最終的なものを」含ませている(=意図。一種の脅迫)と、ヘーゲルは感じた(判断した)ので sollen を使ったというわけです。

(初出 2015-1-11, v. 1.1.)
(目次)


140 ページ、下 5 - 12 行: M. 45. / S. 60.

★ 元の訳:
 しかし哲学の著作における困難が、そこに思弁的な思考態度と論証的な思考態度とがまざりあっていることから生ずるものならば、こうした困難は避けられうるはずだとも考えられよう。つまり、その場合には、主語について言われていることが、あるときはそのものの概念としての意義をもち、別のときは述語あるいは遇有性としての意義しかもたぬ、という事態になっているわけである。

◆ 原文:
 
Eine Schwierigkeit, die vermieden werden sollte, macht die Vermischung der spekulativen und der räsonierenden Weise aus, wenn einmal das vom Subjekte Gesagte die Bedeutung seines Begriffs hat, das andermal aber auch nur die Bedeutung seines Prädikats oder Akzidens.

☆ 拙訳:
 避けねばならない障害が、思弁的なしかたと理屈ばかりを言うようなしかたとを混合することによって、作られている。前者のしかたでは、主語について言われていることは主語の概念という意味をもっている。後者ではしかし、主語について言われていることはたんに主語に対する述語、すなわち主語の遇有的な性質という意味をもつにすぎないのである。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳は意訳となっていますが、原文の文意からは離れすぎたようです。
(1) 引用文中の sollte が接続法 II 式で、過去形でないことは、直後の主文の動詞
macht が現在形であることから分かります。すると、 sollte は、「命令・義務などが行われないこと、行われなかったことを表す」(相良守峯『大独和辞典』の sollen の項目、2)のだと思います。
 元の訳のように、「避けられうるはずだとも考えられよう(. . . vermieden werden sollte)」と、
sollte を蓋然・推量を表すように、あるいは könnte のように訳すのは、誤りでしょう。といいますのは、ここでヘーゲルが「思弁的なしかた」(要するに、ヘーゲル流の思考法ですが)での<主語-述語>論を言いだすまでは、誰も「混合」があるなどとは思わず、したがって「障害」の避けようは実際的にありえません。そして、この部分を書いているヘーゲルは、そのようなことは当然自覚していたと思われます。

(2)
macht . . . aus は主文での現在形ですので、元の訳の「生ずるものならば」という仮定法や条件文のような表現は、首肯できません。

(3)
räsonieren が、元の訳では「「論証的な思考」となっていることについては、こちらを参照ください。

(4) 元の訳の文脈では、「その場合には」は、「困難は避けられうる」場合になってしまいます。しかしそれでは、明らかに原文の文意とは逆です。

(5) また、元の訳の「そのものの概念としての(seines Begriffs)」の「そのもの」が何を指すか分かりづらいのですが、あえて元の訳の文脈から判断すれば、「言われていること」になろうかと思います。しかし、この
seines は「主語」を指します。
 前に出てきた例でいえば、「現実的なものは、普遍的なものである」という命題において、主語について言われている「普遍的なもの」は、主語である「現実的なもの」の概念であると、ヘーゲルはここで主張しています。

(6) einmal . . .andermal を元の訳は「あるときは・・・別のときは」としているために、それぞれの語が「思弁的な思考態度と論証的な思考態度と」(元の訳)に対応していることが分からなくなっています。(拙訳では、「前者」「後者」と訳出しています。)

(初出 2015-1-13, v. 1.0.)
(目次)


140 ページ、下 13 - 16 行: M. 45. / S. 60.

★ 元の訳:
 だから哲学における論述は、命題の諸部分がふつうの仕方で関係しあうのを厳密に排除するようなものであれば、そのときはじめて右のような混乱を脱し、造形的でありうることになろう。

◆ 原文:
 
. . . erst diejenige philosophische Exposition würde es erreichen, plastisch zu sein, welche streng die Art des gewöhnlichen Verhältnisses der Teile eines Satzes ausschlösse.

☆ 拙訳:
 命題の各部分の通常の関係しかたを、きびしく排除するような哲学にしてはじめて、その説明が完成されたものだといえよう

◇ 拙訳の理由:
 ここでの
plastisch を、元の訳のように「造形的」ととると、文意が通じません。そこで、「完成された」というような意味でしょう。

(初出 2015-1-14, v. 1.0.)
(目次)


141 ページ、下 13 - 15 行: M. 45. / S.61.

★ 元の訳:
 しかし、こうして理由や条件をあげるという形式は、あの証明という外的な認識に属することであって・・・

◆ 原文:
 
Diese Form des Begründens und Bedingens gehört aber jenem Beweisen . . .

☆ 拙訳:
 しかし、<根拠づける>とか<前提にする>というこうした形式は、前記の証明に属し・・・

◇ 拙訳の理由:
(1)
Bedingen の意味には、「前提とする」もあります(相良守峯『大独和辞典』の bedingen の項目、I, 2, c)。この意味での同辞典の例文としては:
 
Erfolg bedingt Fleiß. 「成功には努力がいる」。
 ここでの
Bedingen の訳としては、元の訳の「条件をあげる」より、むしろこの「前提にする」がいいでしょう。といいますのは――
 この引用文の直前では、「ふつうの証明の場合に、証明で用いられた理由 [
Gründe] がそれ自身ふたたび理由づけ [Begründung] を必要とし、かくて無限にいたる・・・」(元の訳)と述べられています。そして、この「それ自身ふたたび理由づけを必要と」する「理由」について、「条件をあげるという形式」(元の訳)だと、言われているのです。
 すると、証明におけるそのような「理由づけを必要とするような理由」は、<前提>というのがふつうです。

(2) また、証明で「証明で用いられた理由」は、ふつう「根拠」といいますので、Gründe は「根拠」、
Begründung は「根拠づける」と訳出した方が、分かりやすくなります。

(初出 2015-1-16, v. 1.0.)
(目次)


142 ページ、上 3 - 5 行: M. 45f. / S.62.

★ 元の訳:
 空虚な無概念の一であるような純粋の主語というのは、感性的な直観か表象において自己とされるものを別とすれば、まずは名前としての名前にすぎぬものでしかない。

◆ 原文:
 
Außer dem sinnlich angeschauten oder vorgestellten Selbst ist es vornehmlich der Name als Name, der das reine Subjekt, das leere begrifflose Eins bezeichnet.

☆ 拙訳:
 純粋な主語を、[すなわち] 空虚で無概念な何かある 1 つのものを示すものは、感覚的に直観された、あるいは表象された<自己>を除けば、おもに名前としての名前である。

◇ 拙訳の理由:
(1)
Eins を元の訳は「一」としていますが、これでは、
 (i) 無概念なもののうちの「一つ」なのか、
 (ii) 哲学的な「一者。一つのもの」があり(たとえば「絶対的なもの」)、それがこの文脈では「空虚な無概念」として現われているのか、
意味がはっきりしません。
 拙訳は、「何かある 1 つのもの」としています。つまり、ここの文意は――純粋な主語は名前にすぎないが、名前として何かある 1 つのものを示していることはたしかである。しかし、無概念で内容がないものだから、何であるかとは言えず、
Eins (1 つ)としか表記できない――というものでしょう。

(2) 元の訳のように「感性的な直観か表象において自己とされるもの」と書けば、それはふつう<感性的に直感したり表象したりする認識主観(主体)>のことになってしまいます。しかし、感性的に直感されたり、表象されたりするのが、ここでの「自己」です。したがって、この「自己」は、感性的な直観・表象の内容のことです。この「内容」が自立的に展開していく可能性を内包すると見なされているため、ヘーゲルは「自己」と言ったのだと思います。

(3) 元の訳では、この箇所は意訳になっています。いちおう文法的に見ますと、ここで使われている
es は、関係代名詞の先行詞となる紹介のesで、「~するものは」の意味です。

(初出 2015-1-19, v. 1.0.)
(目次)


142 ページ、下 18 - 19 行: M. 46. / S.62.

★ 元の訳:
 どんな学問や技術や技巧や手仕事についても・・・

◆ 原文:
 
Von allen Wissenschaften, Künsten, Geschicklichkeiten, Handwerken . . .

☆ 拙訳:
 いかなる学問や芸術、技能、そして職人技(わざ)についても・・・

◇ 拙訳の理由:
 この箇所では、たんなる単純作業ではないさまざまな活動分野が、挙げられています。
(1) 学問とくれば、次の Künste は「芸術」でしょう。

(2) Geschicklichkeit を相良守峯『大独和辞典』で見ますと、「技能」の訳語もあります。「技巧」といえば、ある分野での、ときには些末と見なされる技(わざ)を意味しますので、修練のいる多くの分野を意味する「技能」の方が、今の場合適当だと思います。

(3) Handwerk は、「大工・左官・・・・仕立屋・靴屋・陶工など伝統的な職人による手仕事」を意味したようです(小学館『独和大辞典 第 2 版』を参照しました)。同辞典には、「職人芸」の訳語もあります。そこで、「手仕事」では軽い訳となってしまいますので、「職人仕事」とか「職人技」がいいでしょう。

(初出 2015-1-23, v. 1.0.)
(目次)


143 ページ、上 18 - 21 行: M. 46. / S.63.

★ 元の訳:
 また、ほかのあらゆる学問は、それが哲学なしでどれほど多くの理論を作りだそうと、哲学なしには、生命も、精神も、真理も、自分のうちにもつことができないのである。

◆ 原文:
 
. . . dass die anderen Wissenschaften, sie mögen es mit Räsonieren ohne die Philosophie versuchen, soviel sie wollen, ohne sie nicht Leben, Geist, Wahrheit in ihnen zu haben vermögen.
(句読点は、ズーアカンプ社『ヘーゲル著作集』、第 3 巻にしたがいました。)

☆ 拙訳:
 哲学以外の諸学問は、哲学のないままに理屈をいってどれほど多く試みようとも、哲学なくしては、生命や精神、真理を自らのうちにもつことはできない。

◇ 拙訳の理由:
(1)
mit Räsonieren を元の訳は、「理論を作りだ」すとしていますが、すこしく不適切なように思います――つまり、意訳だといわれても、違和感があるということです。しかし、超訳ということであれば、「納得」できます。
 元の訳では、
räsonieren はこれまで「論証を事とする」という訳になっていました。それがここだけは、「理論を作りだ」すでは、意味がずれれることになります。

(2) soviel sie wollen (他の諸学問が望むだけ)は、
versuchen (試みる)を修飾しています。Räsonieren に懸っていくのではありません。したがって、元の訳のように「どれほど多くの理論」とは、文法的にはなりません。

 なお、
es mit et. versuchen は熟語のようで、「et. を使ってやってみる。et. が役に立つかどうか試してみる」とあります(小学館『独和大辞典 第 2 版』、versuchen の項目、1, a)。ここでは文脈から、「et. (=理屈をいうこと)を使ってやってみる」の意味でしょう。

(初出 2015-1-24, v. 1.0.)
(目次)


143 ページ、下 1 - 11 行: M. 46f. / S.63.

★ 元の訳:
 他の諸学問との関係においてでなく、本来の哲学という見地からすると、以下のような事態がみられる。元来、精神が哲学としての知識に到達するためには、豊かにして深い運動を経験し、教養の長い道程を歩まねばならない。ところがいまではそのかわりに、神的な直接の啓示や、常識、それも本来の哲学的思索においてか他の知識分野において、苦労したことも訓練されたこともない常識が、もちだされる。そして哲学にとって、これらがただちに、精神のあの長くきびしい形成過程と、完全に等しい価値をもち、立派にその代用になる、と考えられている。

◆ 原文:
 In Ansehung der eigentlichen Philosophie sehen wir für den langen Weg der Bildung, für die ebenso reiche als tiefe Bewegung, durch die der Geist zum Wissen gelangt, die unmittelbare Offenbarung des Göttlichen und den gesunden Menschenverstand, der sich weder mit anderem Wissen noch mit dem eigentlichen Philosophieren bemüht und gebildet hat, sich unmittelbar als ein vollkommenes Äquivalent und so gutes Surrogat ansehen, . . .

☆ 拙訳:
 本来の哲学に関していえば、神的なものの直接の啓示や良識が――すなわち、本来の哲学においてもそれ以外の知識においても努力したことはなく、またそれらによって形成されたのでもないような良識が――、[哲学] 形成の長い道のりや豊かでもあれば深くもある運動の――これらによって、精神は知識へと到達するのだが――そのまま完全な相当物であるとか、良き代用品であるとかのような観を呈しており、それを私たちは目(ま)のあたりにしている。

◇ 拙訳の理由:
 この箇所の元の訳は、若干の部分を保留すれば、見事な意訳になっています。それだけに、元の訳では多くの語が挿入されており、原文の筆致が見えづらくもあります。そこで、拙訳は直訳に近いものとし、(3) では初学者のために、文法説明をすることにしました。

(1) 冒頭の
In Ansehung der eigentlichen Philosophie は、「本来の哲学に関して(いえば)」という意味で、元の訳のように「本来の哲学という見地からすると」というのは、語学的には失当です。
 といいますのは、「
in Ansehung + 2 格名詞」は「2 格名詞を顧慮して。考慮して」という意味です(小学館『独和大辞典 第 2 版』の Ansehung の「用例」の説明)。したがって、2 格名詞は ansehen (顧慮する)の目的語です。この 2 格名詞を ansehen の主語とするような説明・用例は、管見の範囲では見たことがありません。
 そこで、(in) Ansehung der eigentlichen Philosophie は、「本来的な哲学考慮する」という意味であって、「本来的な哲学考慮する(=本来の哲学から見る=本来の哲学という見地からする)」ではありません。

(2) Äquivalentは、「等しい価値 [をもつもの]」より「相当物」の方が、ここでは適切だと思います。「価値」という語を用いますと、どうしても量的なものが介在してきて、何かしっくりしません。そしてこの箇所のように、「完全に等しい価値をも」つ(元の訳)ことが否定されているときには、<「常識」は「精神のあの長くきびしい形成過程」と等量ではなく、より少ない価値をもっている>といった意味あいになります。しかしヘーゲルは、「本来の哲学的思索においてか他の知識分野において、苦労したことも訓練されたこともない常識」(元の訳)に、哲学的価値などはまったく認めていなかったでしょう。

(3) (i) 引用原文の定動詞は sehen で、
sehen wir を拙訳では「私たちは目(ま)のあたりにしている」としています。目的語は die unmittelbare Offenbarung des Göttlichen und den gesunden Menschenverstand (神的なものの直接の啓示や良識)です。

 (ii) 定動詞
sehen は、不定詞をともなうことができる知覚動詞です。その不定詞が再帰動詞 sich . . . ansehen (~のように見える。拙訳では「観を呈している」)で、その意味上の主語はむろん定動詞 sehen の目的語である die unmittelbare Offenbarung des Göttlichen und den gesunden Menschenverstand です。

 (iii) ではどのように見えるのか、ということは
als 以下で示されています。つまり als . . .Äquivalent und . . .Surrogat の部分で、「相当物であるとか・・・代用品であるとかのよう」に見えるということです。

 (iv) そして、「神的なものの直接の啓示や良識」が、何の相当物や代用品のように見えるのかということは、だいぶ離れていますが文の前の方の
für 以下で表されています。für den . . . Weg . . .für die . . . Bewegung ・・・道のりや・・・運動の)の部分です。
  a)
für が「~の(相当物)」という意味で使われることは、『ゲーテ辞典』Äquivalent の項目冒頭に記載されています。

  b) für が「~の(代用品)」という意味で使われることは、グリム『ドイツ語辞典』の用例(SURROGAT の項目, 1, a)が示しています:
 
der Franzose . . . fordert durchaus für jede fremde frucht ein surrogat, das auf seinem eignen grund und boden gewachsen sei GÖTHE . . . 
 「そのフランス人は・・・外国産の果物一つ一つに対して、彼の国でなった代用品を徹底して要求した。」(ゲーテ)

(初出 2015-1-27, v. 1.1.)
(目次)


144 ページ、上 10 - 12 行: M. 47. / S.64.

★ 元の訳:
 これとは逆に、おだやかな常識の川床にそって流れてゆく場合には、自然なままの哲学的思索は、平々凡々な真理の話術で、もてなしてくれる。

◆ 原文:
 Dagegen im ruhigeren Bette des gesunden Menschenverstandes fortfließend, gibt das natürliche Philosophieren eine Rhetorik trivialer Wahrheiten zum Besten.

☆ 拙訳:
 これに対し、良識といういくらか平穏な川床を流れていく場合には、ありきたりな哲学の仕方は、いくつかのつまらない真理を雄弁に開陳する。

◇ 拙訳の理由:
(1) 冒頭の Dagegen を元の訳は、「これとは逆に」としていますが、Dagegen の後に述べられている内容が、前の内容と「逆に」なっているわけではありません。
 Dagegen の前では、「自然なままの哲学的思索・・・は、概念の形をとるには自分は上等すぎると思い、概念なしでやってゆくからには直観的な詩作的思索なのだと得意になっている」(元の訳)ことが、述べられていました。つまり、自然なままの哲学的思索が、天才肌な場合です。それに対して Dagegen の後では、同じ自然なままの哲学的思索が、庶民的な常識(良識)の線にそって展開する場合です。
 したがって、Dagegen の前と後をつなぐ Dagegen は、「これとは逆に」ではなく、「これに対し」とか「他方では」のほうが適切だといえます。一般的に、 gegen という語は、「逆。対立」のみならず、「~と比べて。~に対して」(小学館『独和大辞典 第 2 版』)など、相当広い意味をもっています。

(2) 元の訳では gibt . . . zum Besten が、「もてなしてくれる」となっていますが、すこし意訳にすぎると思われます。ここではたんに、「開陳する」が適当でしょう。

(3) 元の訳はここでは trivial を、「平々凡々な」と訳しています。この語はすこし前では「陳腐な [散文]」(143 ページ、下 21 行: M. 46./ S. 64)になっていました。この 2 つの trivial は近い場所にあり、ヘーゲルの同じような評価を表していると思いますので、同じ訳語にした方がいいでしょう(拙訳は「つまらない」)。

(4) ちなみに、im ruhigeren Bette の比較級 ruhiger は、絶対的比較級だと思います。これ以前に「川」や「流れ」、あるいはそれに類するものは登場していないのですから。
 したがって、「おだやかな。平穏な」という訳語でも十分だとは思いますが、文法的に正確を期そうというのであれば、拙訳のように「いくらか(すこし)平穏な」となるでしょう。

(v. 1.1.)
(目次)

144 ページ、上 15 - 17 行: M. 47. / S.64.

★ 元の訳:
 それというのも、彼らは一般に、無垢(むく)の心とか良心の純潔とかをもちだせば、究極的なものを語ったつもりでおり・・・

◆ 原文:
 . . . indem es überhaupt mit der Unschuld des Herzens und der Reinheit des Gewissens und dergleichen letzte Dinge gesagt zu haben meint . . .

☆ 拙訳:
 そう断言する人たちはだいたいが、無垢な心や清浄な良心等々によって、いくつかの究極のものを語ったと思っているのである。

◇ 拙訳の理由:
 引用原文中の mit の意味が問題です。元の訳では「もちだせば」となっており、<無垢な心のことなどを言うことにより、究極的なものを語った(つもりでいる)>という文意です。つまり、無垢な心などと究極的なものとは、ほぼイコールの関係になります。
 しかしこの mit は、手段・方法(~によって)か、随伴(~をそなえた状況で)を表しており、無垢な心などと究極的なものとは、その役割を異(こと)にしています。といいますのは――
 (i) 今問題にしている箇所を含む、原文での段落の冒頭には、
 「これとは逆に、おだやかな常識の川床にそって流れてゆく場合には、自然なままの哲学的思索は、平々凡々な真理の話術で、もてなしてくれる」(元の訳。144 ページ、上 10 - 12 行: M. 47. / S.64.)
とあります。そして、この文中の「平々凡々な真理(trivialer Wahrheiten)」が言いかえられて、今問題にしている箇所中の「究極的なもの(letzte Dinge)」(144 ページ、上 17 行: M. 47. / S.64.)となっています。(それが証拠に、これら 2 語と同じ意味で、表現の上からは 2 語を合わせた「究極的真理(Letzte Wahrheiten)」(144 ページ、下 1f 行: M. 47. / S.64.)が、この後に登場しています。)
 したがって、原文のこの段落では、「究極的なもの=真理」です。

 (ii) そして、上記 (1) で引用した段落冒頭の文に続けて、
 「その人々に対し、これらの [平々凡々な] 真理は対して意味がない(Unbedeutenheit)と難をつけると、彼らは答えて、意味(Sinn)や充実は自分の心のうちにあり・・・と言い張る」(元の訳。144 ページ、上 12 - 15 行: M. 47. / S.64.)
とあります。つまり、彼らの「心のうち(im seinem Herzen)」では、これらの意味がないかに見える真理も、「意味や充実」をもっていると、言われています。
 つまり、心という容器のうちに、真理の意味・充実があるということですから、心と真理とは役割を異にしており、意味するところが違うのです。そして、真理は「語」られる(gesagt. 144 ページ、上 17 行: M. 47. / S.64. l. 16f.)ものですが、心はいわば容器ですから、語られたことを支援はしても、それ自体が語られて主張内容となるものではありません。

 (iii) したがって、(i) と (ii) より、究極的なもの(=真理)と心とはイコールではありません。そこで、元の訳「無垢(むく)の心とか良心の純潔とかをもちだせば、究極的なものを語ったつもり・・・」における mit の訳語「もちだせば」は、不適切だと思われます。

(v. 1.0.)
(目次)

144 ページ、下 11 - 16 行: M. 47. / S.64.

★ 元の訳:
 彼らは・・・おそらく最後には爆発してしまって、「真理がかくかくであることは、はじめからきまっているのであって、それに対するこうしたやり方は詭弁にほかならぬ」と叫ぶであろう。

◆ 原文:
 Es wird . . . wohl zu dem Ausbruche kommen, dass ausgemachtermaßen dem so und so, jenes aber Sophistereien seien;

☆ 拙訳:
 そのような意識 [を持つ人] は・・・おそらく感情を爆発させて言うだろう:「私にとっては、まったく私の言ったとおりなんだから。君が言うようなことは詭弁だ」、と。

◇ 拙訳の理由:
(1) dass 以下の最初の副文は、1 部省略されていますが、完全な形は、
 dass es ausgemachtermaßen dem so und so sei, あるいは、
 dass so und so es dem ausgemachtermaßen sei, dem の位置に、ちょっと自信がありませんが)でしょう。
 小学館『独和大辞典 第 2 版』には、以下のような用例が出ています:
 Es ist schon so. 「事実そうなんだから」
 So ist es. 「(前に述べたことを指して)こう(いうわけ)なんですよ」
 なお、so und so は「かくかくしかじか」(小学館『独和大辞典 第 2 版』)。

(2) 引用原文中の dem が訳されていませんが、訳出した方が文意が明確になります。この dem は主語の Es を受けており、「そのような意識 [を持つ人]」(拙訳)を指します。
 Es を受けるのですから ihm でもいいのですが、dem (der) にすると意味が強調されます。橋本文夫『詳解ドイツ大文法』(三修社、1975年)によりますと、「日常会話体では好んで der を用いる」とあります(127 ページ)。そして例文として:
 Mein Nachbar hat eine Tochter, die ist so wunderbar schön. 「私の隣人には一人の娘がある。その娘と言ったら、それはそれは美人である」。
 そしてこの文を説明して:
 「この場合 die の代わりに sie と言っても意味は通ずるが、die を用いた方が、上の訳文にみられる通り、はるかに印象的なのである」。

(3) 引用原文中の副文の主語 jenes は、中性・単数ですが、その動詞 seien や補語 Sophistereien は複数形で、違和感をもたれる方もおられるかも知れません。しかしこの指示代名詞 jenes は「紹介の jenes」で、他の「紹介の es, das, dieses」と同様、中性・単数で用いられます(橋本文夫『詳解ドイツ大文法』、128 - 129 ページ)。

(v. 1.0.)
(目次)

144 ページ、下 18 - 20 行: M. 47. / S.64.

★ 元の訳:
 ・・・ちょうど、哲学に対する無知が、哲学といえば「夢想」という表現で片附けてしまえると思っているのと、同様である。

◆ 原文:
 . . . wie den Ausdruck Träumereien die Unwissenheit der Philosophie sich für diese ein für allemal gemerkt hat.
(句読点は、ズーアカンプ社『ヘーゲル著作集』、第 3 巻にしたがいました。)

☆ 拙訳:
 このことは、哲学に無知な人が、哲学とは夢想ということだと覚えこんでしまったのと、同様である。

◇ 拙訳の理由:
 sich (3 格) + et. (4 格) + merken は、「覚える。記憶に留める」という意味で、用例には:
 Seinen Namen muss man sich für die Zukunft merken. 「彼の名は今後のために、覚えておくといい」。(小学館『独和大辞典 第 2 版』の merken の項目、I, 2)
 したがって、上記引用文は直訳すれば、
 「このことは、哲学への無知が夢想という表現を、哲学のために覚えこんでしまったのと、同様である」
となります。
 元の訳は意訳にすぎて、当たらずとも遠からずといったものになったようです。

(v. 1.0.)
(目次)

144 ページ、下 21 行 - 145 ページ、上 2 行: M. 47. / S.64.

★ 元の訳:
 この立場の人々は、感情という自分の内なるご神託に訴えるのであるから、自分と一致しない者に対しては態度がはじめからきまっている。

◆ 原文:
 Indem jener [= der gemeine Menschenverstand] sich auf das Gefühl, sein inwendiges Orakel beruft, ist er gegen den, der nicht übereinstimmt, fertig;

☆ 拙訳:
 常識 [にとらわれた人] は、感情という心のうちの神託をたてに取ることで、自分と一致しない人に対しては関係を持とうとはしない

◇ 拙訳の理由:
 ist . . . gegen . . . fertig が元の訳では、「~に対しては態度がはじめからきまっている」となっていますが、正確には、「~に対しては関係を持とうとしない」だと思います。
 これにつきましては、fertig の項目を参照ください。

(v. 1.0.)
(目次)

145 ページ、上 14 - 15 行: M. 48. / S.65.

★ 元の訳:
 ・・・哲学上の著作についての評論と、できればその著作の序論と最初の数節くらいを読む・・・

◆ 原文:
 . . . Rezensionen von philosophischen Schriften, etwa gar die Vorreden und ersten Paragraphen derselben zu lesen . . .

☆ 拙訳:
 ・・・哲学の著作に対する評論と、さらに例(たと)えばそうした著作の序分とはじめの数段落を、読む・・・

◇ 拙訳の理由:
 元の訳では etwa gar を「できれば」と意訳しています。しかし、etwa には「例えば」という意味があり(小学館『独和大辞典 第 2 版』の etwa の項目、2)、gar には「その上さらに」があります(同辞典の gar の項目、II, 2)ので、率直に訳出した方がいいと思います。

(v. 1.0.)
(目次)

145 ページ、上 18 - 19 行: M. 48. / S.65.

★ 元の訳:
 ・・・評論のほうは、内容についての要点のほかに評価も与えてくれ・・・

◆ 原文:
 . . . jene [= Rezensionen] neben der historischen Notiz noch die Beurteilung . . . [geben.]

☆ 拙訳:
 ・・・書評の方は、問題のこれまでの経緯のかんたんな記述のほかに、評価も与えてくれる。

◇ 拙訳の理由:
 元の訳では historische Notiz を「内容についての要点」の意味に取っています。しかし、これは「(問題の)これまでの経緯のかんたんな記述」という意味だと思います。このことについては、Notiz を参照ください。
 (リンクでの参照先の内容を、ここにペーストすれば、わざわざクリックする必要もないではないか――とのご叱責があろうかと思います。ご不便をおかけしております。けれどもペーストしていたのでは、その内容を改定するときに、複数個所を直さなければならなくなります。あっ、いえ決してその労を惜しもうというのではなくしてですね、やがてはリンク元を忘れかねないのです。えっ、サイト作成用のソフトには、リンク元が分かる操作がある? それは・・・、・・もともと哲学徒なものですから、IT 関係の事情にはくらくて・・・・)

(v. 1.0.)
(目次)

145 ページ、下 4 - 5 行: M. 48. / S.65.

★ 元の訳:
 ・・・もうそれ自体が直接的な存在のまっただなかなのであり、天才の深く独創的なる理念、高きにひらめく思想の火花、ということになっている。

◆ 原文:
 . . . der [= der Weg] vielmehr schon selbst das unmittelbare Sein im Zentrum, die Genialität tiefer originelle Ideen und hoher Gedankenblitze ist.

☆ 拙訳:
 ・・・むしろ行くこの道自体が、すでに [精神の] 中心における直接的な存在であり、深く独創的な考えや高遠な思想のひらめきをうむ天賦の才だというわけである。

◇ 拙訳の理由:
 das unmittelbare Sein im Zentrum の部分は、文法にそって率直に訳すべきだと思います。では、書かれていませんが、何の「中心(Zentrum)」かといいますと、精神(活動)ではないでしょうか。といいますのは、「直接的な存在」とならんで登場しているのは、「天賦の才」という精神的能力です。したがって、この「中心」というのも精神的な領域での中心だととるのが、無理のないところだと思います。

(v. 1.0.)
(目次)

145 ページ、下 11 - 16 行: M. 48. / S.65.

★ 元の訳:
 この一般性は・・・教養をへて形成された完全な認識であり、また、 天才の怠惰と独善のために駄目になった理性素質による、一般には通用しない一般性ではなく、理性本来の形式にまで成長した真理、すべての自己意識的な理性にとってその所有たりうる真理である。

◆ 原文:
 . . . welche [= die Allgemeinheit des Wissens] weder . . . , sondern gebildete und vollständige Erkenntnis, -- noch die ungemeine Allgemeinheit der durch Trägheit und Eigendünkel von Genie sich verderbenden Anlage der Vernunft, sondern die zu ihrer einheimischen Form gediehene Wahrheit [ist], -- welche fähig ist, das Eigentum aller selbstbewussten Vernunft zu sein.
 ([ist] とその後の -- は、ズーアカンプ版『ヘーゲル著作集』、第 3 巻によって補いました。)

☆ 拙訳:

 ・・・知のこの普遍性は・・・形成され完成した認識であって、天才の怠惰とうぬぼれによってだめになった理性の素地がもたらす異常な普遍性などではなく、真理固有の形式にまでたっした真理である。そしてこのような真理は、すべての自己意識的な理性の所有物になりえるのである。

◇ 拙訳の理由:
(1) 「教養」といえば、「学問・芸術などにより人間性・知性を磨き高めること」(広辞苑 第6版)です。そこで、引用原文中の gebildet を元の訳のように「教養をへて形成された」としますと、たとえばソフォクレスに親しみ、ユークリッド幾何学やニュートン力学で研鑽して、モーツアルトの音楽で陶冶されたかのような、イメージとなります。
 まさかそうしたことをヘーゲルがここで要求するはずはなく、この gebildet は「(哲学的に――ヘーゲルの意味で)形成された」の意味でしょう。つまり、
この引用原文の 1 つ前の文に、「真の思想と学問的洞察は、概念的把握の労働によってのみ獲得されうる」(元の訳)とありますが、この「概念的把握の労働」において形成された、という意味です。

(2) die ungemeine Allgemeinheitungemeine を、元の訳のように「一般には通用しない」としたのでは、文意がずれます。この ungemeine は、同じ文中ですこし前に出ててきた die gemeine Unbestimmtheit . . . des gemeinen Menschenverstands (これまでは同意味の der gesunde Menschenverstand が使われていたのですが)の gemein と対比されていると思います(「対比」というのは婉曲な表現で、要するにヘーゲルお得意のごろ合わせです。「絶好調!」と、彼に声をかけるべきなのでしょう)。
 したがって ungemein は、「ありふれた」「一般常 [識]」(元の訳)とは逆の意味であって、しかもヘーゲルは軽蔑的に用いているのですから、「異常な」といった訳語がいいと思います。

(2) zu ihrer einheimischen Form ihrer が何を指すかが問題です。所有代名詞は、ふつう前の名詞を受けますが、ここは内容的にみて、後の「真理(Wahrheit)」を指していると思います。つまり、ihrer を書いているとき、ヘーゲルの念頭にはすでに Wahrheit があったということです。
 元の訳のように ihrer を「理性」にとりますと、内容的におかしなことになります。ここでの「理性」は、引用箇所の最後の文に書かれていますように、「真理」を所有する側です。その所有する側に合わせて真理が形式を獲得するようになるというのでは、あまり説得的ではありません。
 なるほど、『精神の現象学』本文では意識のあり方が I から VIII まで叙述され、V は「理性」です。したがって、ヘーゲル哲学についての一般論としては、<真理は「理性の形式」へと達する>というのは、正しいのですが、しかしこの箇所はまだ序文なのです。しかも、ここでの「理性」は『精神の現象学』での理性だとは書かれておらず、「すべての自己意識的な理性」というように、一般的なものになっています。

(v. 1.0.)
(目次)

146 ページ、上 9 - 12 行: M. 48. / S.66.

★ 元の訳:
 しかしながら、まさにこの哲学の卓越性がもたらした時代、プラトン心酔の時代とさえよばれる時代においては、アリストテレス哲学がその思弁的な深みのゆえに重んぜられ・・・

◆ 原文:
 . . . dass, wenn z. B. zuweilen das Vortreffliche der Philosophie des Platons in seine wissenschaftlich wertlosen Mythen gesetzt wird, es auch Zeiten gegeben, welche sogar Zeiten der Schwärmerei genannt werden, worin die Aristotelische Philosophie um ihrer spekulativen Tiefe willen geachtet . . . wurde . . .

☆ 拙訳:
 ・・・たとえば、ときには学問的に価値のないプラトンの神話の叙述が、彼の哲学のすばらしさを表していると見なされることがあるにしても、アリストテレス哲学がその思弁的な深遠さゆえに尊敬され、しかも熱中の時代とさえ呼ばれている諸時期もあったということ・・・

◇ 拙訳の理由:
 元の訳は wenn を「においては」と、「~のときに」の意味に取っています。しかしそれでは、wenn ではじまる副文の定動詞は wird で現在形、その次の副文 es auch Zeiten gegeben は、過去を表す現在完了形(文末に hat が省略されています)ですから、時制があいません。
 そこでこの wenn は、「<前提となる事実を示して>~したわけではあるが、それでも・・・」(小学館『独和大辞典 第 2 版』の wenn の項目、I, 2, b)という意味です。

(v. 1.0.)
(目次)

146 ページ、上 13 - 14 行: M. 48. / S.66.

★ 元の訳:
 ・・・プラトンの『パルメニデス』が、神的生命を真に開示し積極的に表現するものとして遇せられていた。

◆ 原文:
 . . . der Parmenides des Platon . . . für die wahre Enthüllung und den positiven Ausdruck des göttlichen Lebens gehalten wurde . . .

☆ 拙訳:
 ・・・プラトンの『パルメニデス』が、神的な生の開示であり、また明確な表現であると考えられていた。

◇ 拙訳の理由:
(1) 引用原文中の positiven は、元の訳のように「積極的」という意味ではなく、「明確な」だと思います。positiv の項目をご覧いただければと思います。

(2) 元の訳では、強調箇所が「積極的に表現する」だけになっています。しかし、『アカデミー版 ヘーゲル全集』に依拠したマイナー社の「哲学文庫」版、およびズーアカンプ社版では、「神的な生のdes göttlichen Lebens)」も強調されています(それぞれ隔字体とイタリック体)ので、拙訳はそれに従っています。

(v. 1.0.)
(目次)

147 ページ、上 13 - 14 行: M. 49. / S.67.

★ 元の訳:
 ・・・非難され投げ捨てられていたものにも・・・

◆ 原文:
 . . . sowie den wegwerfenden Tadel . . .

☆ 拙訳:
 ・・・侮辱的な非難も・・・

◇ 拙訳の理由:
 現在分詞の wegwerfend は、「軽蔑的な。侮辱的な。侮蔑的な」の意味です(小学館『独和大辞典 第 2 版』および相良守峯『大独和辞典』の wegwerfend の項目)。
 両辞典には、
eine wegwerfende Bemerkung . . . machen
「軽蔑的に酷評する」、
in wegwerfendem Ton . . . sprechen 「さも軽蔑したような口調で話す」、
eine wegwerfende Bemerkung 「軽蔑的な所見」、
などが出ています。

(v. 1.0.)
(目次)

 その 1 へ
HOME 全サイト地図 3人の年表 3人の著作年表 全体目次